島谷的舞録゛のFC2出張所です。
碁ボード広場 石葉2の使い方 棋譜活用ノート チャット用碁盤ロッカー 島谷的雑棋帳
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


竹島問題討議の好機
 韓国は日本政府が英語、韓国語、日本語に加えアラビア語、中国語、フランス語、ドイツ語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語の7言語で竹島が日本領であることを主張したパンフレットを作成したことを日本政府に抗議してきた。
 竹島を独島という名称で韓国領と主張する韓国の立場としては当然の行動だろう。
 竹島を韓国領と表記した地図を配布されても対馬を韓国領と主張されても抗議しない日本政府の態度は事なかれ主義に過ぎよう。
 領土問題を武力によらず解決するのは第三者の判定が必要だ。
 事なかれ主義で相手の主張に抗議しないでいれば相手の主張が既成事実になり第三者は相手の主張が正しいと判断するようになってしまうだろう。
 韓国が日本政府に対して正式に抗議を申し入れた上、自国の主張を強調日本に反論するため10言語でパンフレットを作成したということは竹島問題を討議する絶好のチャンスだ。
 韓国の主張するところを一つずつ第三者が納得できるような反論をした文書を配布すべきだ。
 日本が反論すれば当然相手も激しく反論し国際摩擦が生じよう。
 国際摩擦を避ければ相手のいいなりになるしかない。
 国際摩擦を覚悟の上で竹島問題を徹底的に討議して欲しい。
コメント (メインブログに移動します。)



この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://shimatani.blog113.fc2.com/tb.php/923-5bcb318a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

最近の記事

リンク

ブログ コミュニティ




月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ検索

RSSリンクの表示



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。