島谷的舞録゛のFC2出張所です。
碁ボード広場 石葉2の使い方 棋譜活用ノート チャット用碁盤ロッカー 島谷的雑棋帳
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


佐藤栄作発言を問題視する問題
 佐藤栄作元首相とマクナマラ国務長官との会談が公表され問題になっている。
 中国が核実験を行い日本が核攻撃のターゲットになるかもしれない危険性をはらんだ時期の会談だ。
 日本の安全を守らなければならない責任をもった立場にいたらどうするだろう。
 日本が核攻撃を受けたら攻撃した国に無条件降伏をするというのでは無責任にすぎよう。
 日本を守るためには日本を攻撃した国に反撃が必要だ。
 しかし日本は非核三原則の呪縛がある。
 佐藤栄作元首相はマクナマラ元国務長官に「日本は核兵器を作る技術はあるが核兵器を作ることはない」と語っていることが記録に残っている。
 日本が核兵器を使わないということになれば核攻撃を受けた国に抵抗するためにはアメリカに依頼するしかないではないか。
 アメリカに核報復を依頼するということは日本は核兵器を使わないということをを明言した証左ではないか。
 これを問題にするということは
  • 日本が核攻撃を受けたのにアメリカに依頼するのはおかしい。自分を守るのは自分だ。日本は核兵器を作り応戦すべきだ。
  • アメリカに核報復を依頼するのはけしからん。降伏すれば戦争は起きない
のどちらかだろう。
 残念ながら前者ではなさそうだ。
コメント (メインブログに移動します。)



この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://shimatani.blog113.fc2.com/tb.php/907-f0f26b32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

最近の記事

リンク

ブログ コミュニティ




月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ検索

RSSリンクの表示



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。