島谷的舞録゛のFC2出張所です。
碁ボード広場 石葉2の使い方 棋譜活用ノート チャット用碁盤ロッカー 島谷的雑棋帳
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


威嚇射撃の呪縛
巡査の拳銃と手錠奪う 強盗致傷容疑で男子高校生ら逮捕 09:44
iza:イザ!
 神奈川県警松田署は21日、暴走族の取り締まりに出動した同署地域課の男性巡査(30)に暴行し、拳銃と手錠を奪ったとして強盗致傷と公務執行妨害の疑いで、いずれも同県秦野市内の高校3年の男子生徒(17)と無職少年(16)を逮捕した。拳銃は使用されなかった。巡査は軽傷という。
 暴走族の取り締まりをしていた警官に暴行を加え拳銃と手錠を強奪した少年が逮捕された。
 拳銃を持っているにも関わらず使う前に暴行され拳銃を強奪された警官の立場が気の毒でならない。
 外国だったらどうだろう。
 拳銃で相手を射撃しているに違いない。
 しかし我が国では威嚇射撃をしてからでなければ相手を射撃してはいけないことになっている。
 もしも威嚇射撃しないで相手に向かって発砲し怪我をさせたらどうなるだろう。
 拳銃の不法使用としてマスゴミに非難され警察からは懲戒処分を受けることになろう。
 拳銃を構えられてもすぐには撃たれる心配がないからお構いなしに攻撃することができる。
 喧嘩慣れしている無頼漢なら威嚇射撃している間に襲いかかってダメージを与えて拳銃を強奪することはできるだろう。
 今回は警官の命に別状がなかったのが不幸中の幸いだが強奪した拳銃で警官を射撃したら殉職することになりかねない。
 相手が襲いかかってきたときは威嚇射撃なしに相手を射撃することができるようにならないものだろうか。
コメント (メインブログに移動します。)



この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://shimatani.blog113.fc2.com/tb.php/903-faa175ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

最近の記事

リンク

ブログ コミュニティ




月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ検索

RSSリンクの表示



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。