島谷的舞録゛のFC2出張所です。
碁ボード広場 石葉2の使い方 棋譜活用ノート チャット用碁盤ロッカー 島谷的雑棋帳
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


点取り勉強の弊害
「勉強楽しい」日本最下位…中2のTV視聴は最長 00:38
iza:イザ!
 小中学生の理数系の成績は国際調査で5位以内と優秀だが、「勉強は楽しい」は最下位レベル-。10日付で発表された「国際数学・理科教育動向調査」(TIMSS2007)で、こんなアンバランスな結果が出た。03年の前回より改善傾向はみられたが、特に中2でギャップが顕著。識者らは「授業方法に問題がある」と指摘し、子供の体験や発見を重視した指導が必要としている。
 勉強が楽しいと答えた中2は9%しかいないという調査結果が出た。
 そりゃそうだろう。勉め強いられるものが好きになるはずがない。
 恥ずかしながら吾輩は未だに勉強が大嫌いだし、子供の頃は勉強は親の見栄にするためで自分のためにするとは毛ほども思っていなかった。
 日本の教育は学問を勉強にしていることに問題があるのではなかろうか。
 学問により知りたいと思っていることを知ることができるようになったら誰でも楽しいしもっと知りたいという意欲が湧き学問に励むことになろう。
 しかし知りたくもないことを点数をとるために覚え込まされる。これは拷問だ。学問が嫌いになるのは当然だろう。
 我が国では試験に高得点を得られるように学問を教える傾向が強いと思う。高得点を得られる生徒は優越感が得られるから勉強が好きになるかもしれないが高得点が得られるのは1割に満たないだろう。その1割の生徒も高得点を得た人たちだけが集まる学校に進学すると高得点が得られなくなり挫折感を味わい学問に憎しみを感じる生徒も出てくる。
 試験で高得点を得ることを目的とする教育が続くうちは勉強嫌いの生徒が多いのは当然の帰結だと思う。
コメント (メインブログに移動します。)



この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://shimatani.blog113.fc2.com/tb.php/867-ca8ed4f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

最近の記事

リンク

ブログ コミュニティ




月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ検索

RSSリンクの表示



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。