島谷的舞録゛のFC2出張所です。
碁ボード広場 石葉2の使い方 棋譜活用ノート チャット用碁盤ロッカー 島谷的雑棋帳
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


当面の目的が正しくても手段によっては悪になる
 大きな白地ができそうだ。こんな場合
  • できそうな白地より大きな黒地を作る
  • 白地が大きくなるのを防ぐ
の選択肢がある。
 この選択肢のうち白地が大きくなるのを防ぐのが正しかったとしよう。
 しかし白地が大きくなるのを防ぐ目的が正しかったとしてもその手段が適切でなければ悪手になる。
 白地を蹂躙しようと深々と打ち込むとモチコミになって大損害を招く。消しが浅すぎると大きな白地ができてしまう。
 目的が正しくても手段によっては悪手になる。目的の設定も技量だが手段の選択も技量だ。
 福田前首相は消しが浅すぎる感じを受けたが田母神前航空幕僚長は前後の見境なく深々と打ち込んでしまった希ガス。
 このため敵から総攻撃を受け味方に大きな損害を与えそうだ。
 右翼系の人は福田首相のように浅い消しだとモタモタしていると憤慨し、過激な手段に拍手を贈る傾向が強い。
 状況によっては過激な手段を必要とする場合もあるが過激な手段ばかり賞賛しているとヒトラーの出現を招く恐れがある。
 目的が正しくても適切な手段を選ばないと取り返しがつかないことになることを肝に銘じる必要がある。
 とはいえ適切な手段はなにかということがわからないことが悲しい。
コメント (メインブログに移動します。)



この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://shimatani.blog113.fc2.com/tb.php/784-c728e0dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

最近の記事

リンク

ブログ コミュニティ




月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ検索

RSSリンクの表示



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。