島谷的舞録゛のFC2出張所です。
碁ボード広場 石葉2の使い方 棋譜活用ノート チャット用碁盤ロッカー 島谷的雑棋帳
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


公務員の公言に制約があるのは当然
 政府の見解と違う見解の論文を発表することを処罰するのは言論の自由の侵害で北朝鮮と同じだという意見がある。
 たしかに一般の会社員(たとえばチョウニチ新聞記者)が反日論文を書いて処罰されたら言論の自由の侵害だ。
 しかし公務員の公の発言は制約があって当然だろう。
 たとえば竹島を韓国領だと主張する反日教員がいるとする。彼がどう思おうが個人の自由だ。また仲間同士で竹島を韓国だと言おうが勝手だ。
 しかし学校の社会科や歴史の授業で竹島は韓国領だと講義したら処罰すべきだ。これを処罰することを言論の自由の侵害だとはいわないだろう。
 公務員は公務を行うのが仕事だ。公務に反する発言をすれば処罰されるのは当然だろう。
 わが国は言論の自由を吐き違えている人が多すぎる気がする。
 言論の自由と称して他人の人格否定をしたり他人の権利を侵害したりする。
 誹謗中傷を咎めると言論の自由の侵害だとわめきたてる。
 日本社会をまっとうにするためには正しい言論の自由を義務教育で刷り込むことが必要だと思う。
コメント (メインブログに移動します。)



この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://shimatani.blog113.fc2.com/tb.php/776-fd6fb808
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

最近の記事

リンク

ブログ コミュニティ




月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ検索

RSSリンクの表示



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。