島谷的舞録゛のFC2出張所です。
碁ボード広場 石葉2の使い方 棋譜活用ノート チャット用碁盤ロッカー 島谷的雑棋帳
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大手企業は遊休農地の活用を
2008年10月26日 21時10分
<伊藤ハム>回収対象、26商品225万袋に拡大
 伊藤ハムの東京工場(千葉県柏市)の地下水から基準値を超えるシアン化合物が検出された問題で、同社は26日、得意先10社から製造を委託された「プライベートブランド(PB)商品」と呼ばれる13商品64万袋のうち、賞味期限内の計31万袋を新たに自主回収すると発表した。25日に公表した自社製品13商品約194万袋と合わせて、回収対象は26商品225万袋になった。
 伊藤ハムの食品汚染など中国製食品のみならず我が国大手企業の製品からも薬品汚染された食品が出回るようになった。
 このような現状に自分の手で野菜を作り販売しようとする大手スーパーが現れ始めた。
 我が国は27万ヘクタール以上の遊休農地に悩まされている。
 これらの遊休農地を大手企業が地主から借り受けて耕作するようになれば安全な食料の確保ができるばかりでなく
  • 自給率が高まる。
  • 農家の財政を豊かにする。
  • 荒廃した遊休農地に生息する害虫・害獣による被害が減る
  • 農村の過疎化の歯止めになる
などいいことづくめだ。
 災い転じて福となす。
 食品の安全性に注目が集まっているいまがチャンスだ。
 大手企業は社運を賭けて遊休農地での耕作に取り組んで欲しい。
コメント (メインブログに移動します。)



この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://shimatani.blog113.fc2.com/tb.php/739-8d891bbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

最近の記事

リンク

ブログ コミュニティ




月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ検索

RSSリンクの表示



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。