島谷的舞録゛のFC2出張所です。
碁ボード広場 石葉2の使い方 棋譜活用ノート チャット用碁盤ロッカー 島谷的雑棋帳
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


鬼は神よりも強し
 運の伴わないゲームは現時点より形勢を悪くする手(悪手)はあっても形勢を良くする手はない。
 形勢が好転するのはいい手を打ったからではなく相手が悪い手を打ったからだ。
 我々が運の伴わないゲームをして勝ったり負けたりするのは悪い手を打つからだ。
 絶対に悪い手を打たない碁の神様がいて神様同士がゲームをしたら勝負の行方は対局前から決まっている。
 人間はトッププロといえども悪手を打つから悪手を絶対に打たない碁の神様にハンデなしでは勝てるわけがない。
 ハンデなしで試合をするなら神様より強いものはあり得ない。
 しかし我々人間の立場から見たら神様がいちばん強いのだろうか。
 吾輩は人間の立場からは神様より強い人がいてもおかしくないと思っている。
 たとえばAさんは神様に8子置いたら勝てるとしよう。
 神様より強い人はいないからAさんは8子置いたら天下無敵だろうか。
 そんなことはない!!Aさんに9子置かせて勝てる人は必ずいるはずだ。
 Aさんは神様に8子置いて勝てるのだから9子置いても勝てない人を神より強い人だと思うに違いない。
 神様は悪手を打たない。置いている人が勝手に悪い手を打って形勢を段々と悪くしていくだけだ。悪手の程度が小さければハンデの貯金を食いつぶさないうちに終局にたどり着き勝ちを収めることができる。
 勝負の鬼は形勢が悪い場合は正しい手を打つのではなく相手の悪い手を誘う手を打つ。相手は誘いの乗って悪い手を連発するので形勢悪化に拍車をかけ終局前にハンデの貯金を使い果たして破綻の憂き目にあう。
 勝負に勝つには神に近づく努力よりも鬼退治できる力を養成することの方が大事なような気がしてならない。
コメント (メインブログに移動します。)



この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://shimatani.blog113.fc2.com/tb.php/1427-5f77d0e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

最近の記事

リンク

ブログ コミュニティ




月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ検索

RSSリンクの表示



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。