島谷的舞録゛のFC2出張所です。
碁ボード広場 石葉2の使い方 棋譜活用ノート チャット用碁盤ロッカー 島谷的雑棋帳
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


インターネット選挙への道遠し
2009年6月22日 19時16分 ( 2009年6月22日 20時32分更新 )
民主党都連SNS「炎上」 閉鎖して「仕切り直し」
 ネット上での「炎上」が相次ぐ中、今度は民主党のSNSが閉鎖に追い込まれた。民主党の東京都連が都議選を視野に、政策議論の場として立ちあげたのだが、アクセスが集中したうえ、政策とは関係ない書き込みが相次ぐなどして、開設1週間でサービス停止に追い込まれた。都連では、運営ルールなどを公募して「仕切り直し」を迫られることになった。
 民主党都連はインターネット選挙解禁に大きな弾みを付けたいとの意図で政策立案サイト東京ライフを開設したがたちまち炎上しサービス停止に追い込まれた。
 右翼による嫌がらせかと思ったらそうでもなさそうだ。
 サイト訪問者が自由にコミュニティを設けることができるサイトでは東国原知事や橋下知事がサイトを立ち上げたとしてもあっという間に炎上して閉鎖を余儀なくされることになりそうだ。
 自分の反対する政党が開設したサイトを炎上させる行為は中国のようにインターネットにフィルターをかける行為より悪質だ。中国の行為は言論統制だがサイトを炎上させる行為はテロだ。
 民主党都連は「今回の試みが、インターネット解禁に反対する勢力の主張を裏付けるような結果に終わったならば、我々の時代に、政治・政策分野におけるインターネット利用促進を、論壇や国会の場で決着させることはほぼ不可能になります」と言っている。
 まったくだ。
 吾輩は密室政治から開かれた政治にするためにはインターネットの利用が必要不可欠だと思っている。
 現在のようにインターネットで選挙活動を禁止したのでは名前を連呼する街宣車で閑静な住宅街を騒音の巷に変えるだけでなく選挙活動に多額の費用を必要とすることになるから金権選挙と縁が切れなくなる。
 政治団体が開設したサイトを炎上させない方法はないものだろうか。
 サイトを閲覧して不正な書き込みを削除し投稿者をアクセス禁止にするのでは炎上を防げても中国のような言論統制サイトになってしまう。
 ロボットやネットテロ常習者をアクセスできないようにする方法が見いだせないとインターネットでの政治活動はできない。
 現状ではインターネット選挙への道は遠そうだ。
コメント (メインブログに移動します。)



この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://shimatani.blog113.fc2.com/tb.php/1375-d82a9726
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

最近の記事

リンク

ブログ コミュニティ




月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ検索

RSSリンクの表示



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。