島谷的舞録゛のFC2出張所です。
碁ボード広場 石葉2の使い方 棋譜活用ノート チャット用碁盤ロッカー 島谷的雑棋帳
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


自由権を敵に回すイラン
 イラン政府の暴挙はとどまることを知らない。
 吾輩は当初は抗議活動をしている方が民主主義の破壊者だと思っていた。
 選挙に負けたから選挙のやりかたがおかしいとイチャモンをつけることを苦々しく感じていた。
 多数決で負けると多数決がおかしいと因縁を付けていたら民主主義は成り立たない。
 社会不安をもたらす抗議活動は取り締まるのが当然とイラン政府に理解をもっていた。
 しかしイラン政府の取り締まりが度を過ぎている。
 外国への報道統制をはじめたのでこれは抗議活動の方が正しいのではないかと思うようになった。
 イラン政府はついに米誌ニューズウィーク向けの取材活動をしているカナダ人記者まで拘束してしまった。
 これは選挙に不正があったと認めたばかりでなく北朝鮮と同様に自由圏を敵に回す行動ではないだろうか。
 イランは北朝鮮と結束して自由圏諸国を攪乱するつもりなのだろうか。
コメント (メインブログに移動します。)



この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://shimatani.blog113.fc2.com/tb.php/1372-2ba3a511
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

最近の記事

リンク

ブログ コミュニティ




月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ検索

RSSリンクの表示



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。