島谷的舞録゛のFC2出張所です。
碁ボード広場 石葉2の使い方 棋譜活用ノート チャット用碁盤ロッカー 島谷的雑棋帳
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


KYな反論マニア
 世の中には反論マニアが多い。
 反論は間違った意見を正す大事な行為だがKYな反論はウザイだけだ。
 反論マニアが嫌われるのは委細構わずKYな反論をするからだろう。
 発言には
  1. 理解を求める発言
  2. 潤滑剤としての発言
  3. 知識を深めるための発言
  4. 説得するための発言
の4パターンがある。
 反論が大歓迎されるのは3.知識を深めるための発言のときだけだろう。反論を交わすことにより知識はより深まる。反論は知識の肥料だ。しかし反論は発言の内容にすべきで発言者の人格にすべきでない。反論マニアは自分の意見をごり押ししたいために発言者の人格否定まですることが多い。反論マニアのKYな発言でせっかくの知識を深めるための議論が場が喧噪の場に化してしまうことが少なくない。
 4.の説得するための発言に対しては利害が絡む場合は反論が必要だ。しかし1対1の反論は無駄な場合が多い。相手は自分の意見をごり押ししたいのだから反論を聞く耳を持たない。利害が絡まない場合は無駄な反論をしないでスルーするにしくはない。利害が絡む場合は第3者を交えて妥協点を求めるほかないだろう。1対1の場合は意見が通るのは力の強い方になってしまう。間違った意見をごり押ししたい人間が会議を嫌い1対1の議論を求めるのは力でねじ伏せたいからだ。
 2.の潤滑剤としての発言の場合はツッコミは歓迎されるがシリアスな反論は場をシラケさせるだけだ。反論マニアはこんな場でもしたり顔で反論して和やかな場をぶち壊す。恥ずかしながら吾輩もツッコミが過ぎて相手の気分を害し白気鳥を飛ばしてしまうことが少なくない。
 1.の理解を求める発言のときは絶対に反論してはならない。うつ症状の人の発言は自分のつらさをわかって貰いたいからで考えを正して貰いたいとは思っていない。人が自殺すると「自殺をする前に誰かに相談すべきだ」としたり顔に解説する人がいるが相談すると「それは君の方が悪い。」とお説教されることが多いから相談しないのだ。
 我々はカウンセラーではないから鬱陶しい愚痴や妄想を聞かされるとついつい反論してしまうがそれが自殺に追い込むことがあるかもしれないということを心しなければならない。
 理解を求める発言にどうしても反論しなければならないときはいったん発言者の感情を受け止めて暖かく包み込んでから反論する必要がある。しかし苦痛を伴う行為だから家族や親友でさえなかなかできない。カウンセラーや精神科の医師はストレスが溜まるだろうなぁ。
 我々はKYな反論マニアが精神疾患者に反論しているときは諫める必要があるがそれ以外の場合はKYな反論は相手にしないのが最善な希ガス。
コメント (メインブログに移動します。)



この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://shimatani.blog113.fc2.com/tb.php/1336-98607943
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

最近の記事

リンク

ブログ コミュニティ




月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ検索

RSSリンクの表示



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。