島谷的舞録゛のFC2出張所です。
碁ボード広場 石葉2の使い方 棋譜活用ノート チャット用碁盤ロッカー 島谷的雑棋帳
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


級位者は石の対話を避ける
 碁は石を打つことによって盤上で石と石とが会話するから手談といわれる。
 しかし石と石と向き合って対話することを避ける級位者が多い。
 先手で打てるところを片端から打ってしまうのはその間は対話をしないですむからだろう。
 ダメなら喜んで切るのに切らなければいけないところを切らないのも対話をしたくない深層心理が働いているにちがいない。
 切らなければいけないところを切れば相手は痛いから反論してくる。嫌でも対話をしなければならない。ダメ切りなら相手は痛くもかゆくもないから相手にしないので対話に発展しない。だから安心して切れるのだろう。
 厚味にへばりついた石を逃げ出したり相手の弱い石を追い飛ばすのはどちらも逃げるのに専念するため対話をしないですむからに違いない。
 かくして対話のないまま碁は進行する。たまに対話があっても向き合って対話をするのではなくそっぽを向いて受け答えする。だから着手がちぐはぐになりがちだ。
 石の対話のない碁は手談ではなく石並べにすぎない。
 上達を目指すなら面と向き合っての対話を心がけることが大事だと思う。
コメント (メインブログに移動します。)



この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://shimatani.blog113.fc2.com/tb.php/1242-2c66cc55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

最近の記事

リンク

ブログ コミュニティ




月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ検索

RSSリンクの表示



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。