島谷的舞録゛のFC2出張所です。
碁ボード広場 石葉2の使い方 棋譜活用ノート チャット用碁盤ロッカー 島谷的雑棋帳
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


下手が打つ無理
 無理が通れば道理が引っ込む。無理手で得た利益は本手で得た利益より遙かに大きい。濡れ手で粟の暴利を求めて無理手を打つのが極道の性だ。
 我々の打つ碁は無理だらけだ。特に置碁のときは著しい。
 置碁の無理というと上手の専売特許と思う人が多いがとんでもハップン歩いてジュップン。下手の方が上手より遙かに無理な手が多い。
 確かに強引な手は下手より上手の方が多い。しかし無理な手は強引な手だけとはかぎらない。
 下手の石がコロコロ死ぬのは無理な手を連発するからだ。
 上手が打つ無理と下手が打つ無理には大きな違いが感じられる。
 上手が打つ無理は主導権を得るための無理なのに対して下手が打つ無理はゲンナマに目が眩んだ無理だ。
弱い石をホットケーキにして大場を打つ
 弱い石を攻められ大場に打った石が遊んだ石になったりモチコミの石になったりする。
傷だらけのからだでトリカケに行く
 取ろう取ろうは取られのもと。
 カウンターパンチを喰らったり傷を突っつかれてボロボロになって討ち死にする。
厚味にへばりついた石を逃げ出す
 上手は逃げ切れられても痛くもかゆくもないのでダメ場を泳がせてあちこちでご馳走を頂戴する。
2カ所にある弱い石を交互に逃げる
 2手連打出来るわけでないのでどちらかが大損する。場合によっては両方とも大損をする。
 置碁では最初はどこもかしこも黒の勢力だから上手の立場としては主導権を得るためにある程度の無理を打つのはやむを得ない。
 しかし打つに従い下手はあっちも稼ぎこっちも稼ごうというやらずぶったくり精神を発揮して無理を連発する。
 だから上手は自分からは無理を仕掛けず下手が打つ無理を咎めれば自然に碁は好転する。
 主導権を得ようとするための無理は棋力向上に役立つが無理とは感じずに打つ無理は棋力向上の妨げになる。
 買い物をしたら代金を支払わなければならない。代金を値切るのは買い物の常道だがレジに置いた代金を持って逃げるのは犯罪だ。
 買い物はしたいが代金を支払いたくないというのは無理な考えだ。
 級位者は自分の打つ手が無理な考えに基づくものでないか意識しながら打って欲しい。
コメント (メインブログに移動します。)



この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://shimatani.blog113.fc2.com/tb.php/1222-385157e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

最近の記事

リンク

ブログ コミュニティ




月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ検索

RSSリンクの表示



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。