島谷的舞録゛のFC2出張所です。
碁ボード広場 石葉2の使い方 棋譜活用ノート チャット用碁盤ロッカー 島谷的雑棋帳
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


清朝ブロンズ像の落札妨害
 清朝時代の遺構「円明園」から中国政府が英仏連合軍に「略奪されたもの」として返還を要求していた故サンローラン氏所有のネズミとウサギの頭部ブロンズ像は競売にかけられ約40億円で落札された。
 この競売には中国政府は抗議していたようだが故サンローラン氏が略奪品とは知らずに購入したものなら所有権は故サンローラン氏にあるのだから変換の義務はないし競売にするのは故サンローラン氏の権利なはずだ。中国政府がとやかく言う筋合いではない。
 しかし落札者は中国政府から圧力を受けないのだろうかと思っていたら落札されたブロンズ像の支払いを落札者が拒否した。
 やはり中国政府から圧力をかけられて落札を断念したのだと思ったら落札者は中国人だという。
 初めから中国政府の命を受けた落札妨害らしい。
 いかにも中国政府がやりそうなことだ。
 清朝の競売は慎重にしなければいけないという教訓であった。
コメント (メインブログに移動します。)



この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://shimatani.blog113.fc2.com/tb.php/1096-6838f4b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

最近の記事

リンク

ブログ コミュニティ




月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ検索

RSSリンクの表示



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。