島谷的舞録゛のFC2出張所です。
碁ボード広場 石葉2の使い方 棋譜活用ノート チャット用碁盤ロッカー 島谷的雑棋帳
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ドケルバン病患者増加
2009年2月21日 20時32分 ( 2009年2月21日 20時34分更新 )
親指使いすぎで発症「ドケルバン病」 ケータイやゲームが原因なのか
「ドケルバン病」という聞き慣れない病気の患者が増えている。親指を酷使すると起きる腱鞘炎の一種で、手首の親指側が痛む症状が特徴だ。
 ドケルバン病とは親指を使いすぎて腱鞘腱の表面に傷がついたり、腱鞘が厚くなったりして炎症を起こし手首に痛みや腫れが出てくる病気だ。
 最近はこの患者が増えているそうだ。
 そうだろうなぁ。
 携帯を使っている人を見ると親指が激しく動いてキーを叩いている。
 だから携帯でメールを書くことができるんだ。
 パソコンのキーボードで「こんにちわ」と入力するにはk o n n n i t i w a の10ストロークですむが携帯だと22222 000 55 44 6 と13ストローク必要とする。しかも 222222 と通り過ぎたら 2222222222 と一回りしなければならない。
 またパソコンのキーボードなら5本指を使うから指1本あたりのスピードは指に負担がかかるほど速くはない。
 携帯の場合は親指だけで入力するのだからパソコンの指使いより10倍以上動かすことになるのではなかろうか。
 吾輩のようにパソコンのキーボードを叩くスピードで指を動かしていたら日が暮れてしまう。
 いつも携帯とにらめっこして携帯メールしている人は神業的な速さで親指を動かしている。
 ドケルバン病になるのは当然かもしれない。
コメント (メインブログに移動します。)



この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://shimatani.blog113.fc2.com/tb.php/1068-db835fb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

親指使いすぎ⇒ケータイやゲームで腱鞘炎ドケルバン病増加

 1.始めに ケータイを片手で器用に操る人が増えた。そんな人の中に「ドケルバン病」という聞き慣れない病気の患者が増えているという。親指を酷使すると起きる腱鞘炎の一種で、妊娠時や産後、更年期の女性がかかりやすく、ホルモンバランスとの関連があるといわれてい... 明日への道しるべ@ジネット別館【2009/02/22 18:44】

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

最近の記事

リンク

ブログ コミュニティ




月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ検索

RSSリンクの表示



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。