島谷的舞録゛のFC2出張所です。
碁ボード広場 石葉2の使い方 棋譜活用ノート チャット用碁盤ロッカー 島谷的雑棋帳
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


贅沢な不安感
体細胞クローン食品 「安全」…でも「不安」 2009/02/08 10:16
 内閣府の食品安全委員会の専門家ワーキンググループが1月、「体細胞クローン技術によって作られた牛や豚を食品として利用しても安全」との報告書をまとめた。これにより、近い将来、体細胞クローン食品が店頭に並ぶ可能性がでてきた。さて、実際に市場流通したとき、あなたは食べる? それとも食べない?(平沢裕子)
 クローン食品は安全と言われても不安という人が多い。
 スーパーに行っても遺伝子操作をしていない旨を表記した食品が売られている。
 食品の安全性に関心をもつのは素晴らしいことだが過ぎたるは及ばざるがごとしの感もある。
 いまの日本は高齢化社会だが70を超えた人たちは発育期に発がん物質を食べてきたはずだ。
 食糧難になったら食の足しになるものならなんでも食べていた。
 クローンで増産しない限り食糧が間に合わなくなったら不安だから食べないなどと贅沢なことはいえないだろう。
 安全だと言われているのに不安だから食べないで済む現在は豊かな証左だと思う。 
コメント (メインブログに移動します。)



この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://shimatani.blog113.fc2.com/tb.php/1038-a64e527e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

最近の記事

リンク

ブログ コミュニティ




月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ検索

RSSリンクの表示



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。