島谷的舞録゛のFC2出張所です。
碁ボード広場 石葉2の使い方 棋譜活用ノート チャット用碁盤ロッカー 島谷的雑棋帳
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


入院日記(20)
1月30日(水)
4時:関西どっとコムのスタイルシートにテキスト碁盤用CSSを記入してみたが碁盤がまともに表示されない。
 スタイルシートでmonospace以外で等幅フォントを指定する方法がわからない。
 退院してからスタイルシートの本でMS以外の等幅フォントを調べよう。
7時半:相変わらずseesaaは書き込みの反映がおかしい。
朝5:51に書き込まれたあどさんのコメントがトップページに表示されていない。
 7:45にレスを書いたが左サイドバーのコメント表示欄にあどさんの名前も吾輩の名前も表示されていない。
 また記事末尾もComment(0)と表示されている。
 seesaは抜本的に修理されなければ安心して使うことができない。訪問者数が50に満たないのに順位が上がって行くのはseesaaからユーザーが撤退しているからに違いない。seesaaは存続できるのだろうか。
9時半:島谷的舞録゛@FC2にカウンタを設けた。
10時半:看護補助者に付き添われて介護入浴室でシャワーを浴びてきた。
14時:車椅子でリハ室に行く。
  1. タオルを右足の裏上部に当て足首が反るように両手で引き約10分保つ。
  2. ゴムバンドを右足の裏上部に当て両手で抑えゴムの弾力に逆らって足首を伸ばす動作を約10分繰り返す。
  3. 理学療法士による超音波治療
  4. 濡れタオルを床に敷き足指でたぐり寄せる動作を約10分繰り返す。
  5. 理学療法士による足首リハ
  6. 松葉杖による歩行練習。
 車椅子で病室に戻ると患者が入っていたベッドが空になっている。
 病室は吾輩だけだ。今晩はヘキサゴンIIをヘッドホンしないで見ることができるぞ\(^0^)/
17時:関西どっとコムにカウンターを設けた。
 関西どっとコムはコメントにHTMLタグが使える。
 移転先の本命は関西どっとコムかな。
18時:今日の夕食は菜の花を乗せたちらし寿司。
 久しぶりに美味しい夕食を食べることができた。しかも惣菜もなかなかだ。病院に来て何も残さずに食べることができたのは初めてだ。
 今日は満足して眠りにつけそうだ。

スポンサーサイト

入院日記(19)
1月29日(火)
3時半:seesaaのトラブルは治っていたので昨日の日記をアップした。
【完了】障害報告(2008.1.28)
現在、Seesaaブログのブログサイト(ドメイン名:seesaa.net)に
おきましてお客様が投稿された記事、コメント等が正常にブログに
反映されない状態となっております。

ただいま、対応を行っておりますので、今しばらくお待ちいただき
ますようお願い申し上げます。

<追記 2008-01-29 2:00>
上記障害につきまして、対応が完了いたしました。

Seesaaサービスご利用のみなさまには、ご迷惑をおかけし大変申し訳ございませんでした。

今後ともSeesaaサービスをよろしくお願いいたします。
 治ったとはいえアクセスが集中しているのだろうか超重い。
 seesaaにアップが終わってから移転候補のeXciteと関西どっとコムにもアップした。
 両者ともseesaaとは比べものにならないほど軽い。
 この後FC2ブログも移転候補に加えアップしてみた。FC2はeXciteや関西どっとコムに比べれば重いがseesaaよりは軽い。seesaaの重さは異常といえるかもしれない。碁盤を扱うことができる代償かなぁ。

テキスト碁盤
**ABCDEFGHJ**
09┌┬┬┬┬┬┬┬┐09
08├┼┼┼┼┼┼┼┤08
07├┼┼┼┼┼┤07
06├┼┼┼┼┼┼┼┤06
05├┼┼┼・┼┼┼┤05
04├┼┼┼┼┼┼┼┤04
03├┼┼┼┼┼┤03
02├┼┼┼┼┼┼┼┤02
01└┴┴┴┴┴┴┴┘01
**ABCDEFGHJ**



入院日記(18) IT受難の日
1月28日(月)
4時:昨日までの日記をブログにアップした。
 しかし、ブログに反映されない。キャッシュをクリアしてからブラウザの更新をしても反映されない。記事の再保存をしキャッシュをクリアして読み込みなをしても反映されていない。トップページの再構築をしてみたがやはり反映されない。
 RSSはしっかり配信しているようだ。RSSを受信している囲碁BlogNetにはアップした記事が登録されていてリンクをタップすると記事が表示される。
 しかし、その記事からメインページに戻ると記事は消えてしまっている。
 seesaaの障害報告を見ても何のアナウンスもない。seesaaは見切りを付けた方がよさそうだ。
 移転準備として関西どっとコムとeXciteを移転先候補とし、それぞれのブログに記事をアップした。
 しばらく両者に並行してアップし退院後に使い勝手がよい方に移転しようと考えている。
6時:EM・ONEのバッテリー残量警告メッセージが表示される。
 えっ!!もうかいっ!!たった2間半だぜ!!
 標準電池パックよりもたないではないか!!!!
 不良品だ!ワイフに取り替えてきて貰おう。
9時半:未だに今朝の投稿がブログに反映していない。
 seesaaマイブログの記事編集で再保存しキャッシュをクリアしてからブログを表示させたが相変わらず記事が表示されない。
 障害報告を見ても何のアナウンスもない。
 ほとほとseesaaに愛想が尽き果てた。


入院日記(17)
1月26日(土)
3時半:左肘が痺れるので目が覚めた。
 インテバンクリーム(経皮鎮痛消炎剤)を塗った。
 ブログに入院日記(15)をアップした。
9時:看護補助者が今日の午後に介護入浴があると伝えに来た。
 療養病棟は治療病棟のように浴室が空いているとき入浴するのではなく病院が定めた予定表に従い看護補助者の付き添いの元に入浴するシステムになっている。
9時半:ベッドの上で筋トレの自主トレを1時間ほど行った。
13時半:ワイフが洗濯物と頼んでおいたEM・ONEの大容量電池パックとUSBホストケーブルを持ってきた。
 また、ドンキで石焼き芋を2本買ってきてくれた。
 病院食で腹6分目が続いていた吾輩にとって何よりの土産だ。
 1日半分ずつ食べれば腹持ちが違うし食べられない食事のときはこれ1本で凌げる。助かった。
14時:看護補助者が入浴の案内に来た。
 看護師に包帯を外して貰ってから看護補助者に伴われて介護浴室に向かった。
 退院後の参考になるようにと看護補助者の了解を得てワイフも見学のために同行させた。
 浴室に入ると先日のわが輩同様ワイフも感嘆することしきりだった。
 リフト式の椅子に座り頭とからだを洗い終えると看護補助者は吾輩をシートベルトで固定する。
 これから浴槽に入るのだという。
 やったー\(^0^)/骨折してからず~っと風呂桶に入っていないからクリスマスイブ以来初めての入浴だ。
 リフト式椅子はゆっくりと上がり、上がりきると看護補助者は椅子を浴槽の上まで移動する。
 からだがちょうどいい位置になったところで様子を見ながら椅子をじわりじわりと下ろして行く。
 からだが湯船に入ったところで右足を湯船の縁に掛けた状態で湯に浸かれるように椅子の位置を微調整する。
 おかげでくつろいだ状態で入浴できた。
 十分暖まってから声を掛けると看護補助者はリフト式椅子を操作して浴槽から出して元の位置に戻す。
 シートベルトを外してからからだを拭くのを手伝ってくれる。 
 からだが拭き終わると車椅子をリフト式椅子の傍まで持ってきてくれる。
 車椅子に乗り換えると服を着るのを手伝ったりドライヤーを掛けたりしてくれる。
 ワイフは大いに参考になったと感激した。
 病室に戻ると看護師が来て板を当て包帯を巻いてくれた。
 当て板の脱着は医療行為なので看護補助者がしてはいけないらしい。
15時半:ワイフが洗濯物を持ち帰った後ワイフが買ってきた石焼き芋を半分食べた。
 石焼き芋ってこんなにおいしかったんだろうか。
 懐石料理を食べたときより美味しく感じた。また、久しぶりに満腹感を味わった。
 歯磨きをしてからEM・ONEの標準電池パックを大容量電池パックに取り替えた。
17時:jajah Phonのことでといあわせようとイー・モバイル カスタマーセンター(0120-736-157)にTELした。
 すぐに接続したがガイダンスにしたがって1を押すと「混み合っているのでしばらくお待ちください」のメッセージが流れる。待っているとこの種のメッセージが頻繁に繰り返して流される。数分待ってもつながらないので諦めて切った。
18時:今日は珍しくほぼ時間通りにワゴンが上がってきた。
 しかし吾輩のところに配膳されるのはいつも最後の方なので15分過ぎだった。
 配膳の様子を見ていると膳の上に乗っている名札を確認して手間のかかる患者から配膳している。
 どうやら配膳するだけで済む患者を後回しにするのはマニュアルによるものらしい。
 手間のかからないで済む患者から配膳するのが能率的なはずなのにわざわざ手間取る患者から配膳するのは理由があるに違いない。
 老人ホームの食堂もそのようにしているのだろうか。


入院日記(16)
1月25日(金)
5時半:島谷的日°夜録゛に美豚(ヴィトン)さんのコメントがあった。
seesaa最近不調なとき多くありませんかぁ (*^^?)
 seesaaの調子が悪いのは吾輩のところだけではないようだ。
 seesaaはほかのブログサービスとは段違いの高性能だが重いし不安定すぎる。
 碁盤を扱うとき以外はseesaaでなくてもすむのだからseesaaは囲碁専用ブログにし囲碁に関係ない記事は動作が軽く安定しているサイトに変えようかなぁ。
 しかしブログを2つ運営するのは面倒だ。
 囲碁は囲碁掲示板に任せブログで囲碁を扱うときは囲碁掲示板にリンクを貼れば済む。
 seesaaからほかのブログサービスに鞍替えする潮時かもしれない。
 しかし島谷的舞録゛は吾輩だけの力で作ったものではない。通りすがりさん、izuizuさん、棋譜大好きさんなど多勢の方にソースコード作成など並々ならぬお力添えを頂いてできあがったものだ。
 いまさら投げ出すのは気が引ける。どうしたものか。


入院日記(15) 厄日
1月24日(木)
5時半:seesaaの調子がおかしい。記事やコメントが1回の再構築では反映されない。
 意を決してすべてモードで再構築を実行したら20分近くかかった上パケットを大幅に消費した。
11時:理学療法士がリハの迎えに来た。
 今日は装具外来の呼び出しがいつあるかわからないので理学療法士による足のリハが先に行われた。
 次に床に敷いた濡れタオルを指でたぐり寄せるトレーニングを10分間行い12時までの残り10分で腹筋の筋トレを行った。
12時10分:食堂に戻るとまだ食事が来ていない。
 間に合ったとテーブルに付こうとすると看護師が来て装具外来から呼び出しがあったからすぐ行ってくれと言われた。
 え~~~~っ!!!!!!今からかい!!!!!午後からにしろ!!!!!非常識な装具屋だ(怒)
 しかし呼びに来ているのは装具屋ではなく看護師だ。入院患者の身ゆえ看護師にさからいたくない。
 仕方なく装具外来に向かう。
 装具屋は「靴を持ってきましたか」という。
 靴って何だ!?怪訝な顔をすると「先週お話したでしょう。装具を付けると足が浮いて長くなるので地面に着く方の靴を高くするのです。」という。 
 え~~~っ!!!!説明なんかしてないぞ!!!
 「代金の支払いの話は伺いましたが靴のお話は聞いていません」と言うとこれだからボケ老人は困るという顔をして「いいえ、言いました。」と横柄な顔をしてほざく。
 奴がくれたメモ用紙はワイフに渡してここにないので言った言わないは水掛け論になる。
 とりあえず靴がなければ先に進まない。
 いま履いている靴で何とかならないかと訊くとそれでいいという。(それを先に言え!!!!)
 その靴を今日預かって加工するという。
(あちゃー!!靴がなくなる!!ワイフが代わりの靴を持ってくるまでサンダルで松葉杖をつかなければならない。)
 仮合わせは簡単にできたが領収書を切るのに手間取る。あちこち書類をひっくり返したり電卓を何回も叩き直してらちがあかない。
(オイオイ請求書の通り金を持ってきたんだぞ。領収書くらい先に用意しておけ!!!このボケ野郎!!!!)
 領収書を貰って食堂に戻ったのは12時40分だった。
 吾輩は12時半までに食事をしないと腹が痛くなり、その後食事をすると下痢をする。
 案の定食事中に腹がゴトゴト鳴り出した。
 車椅子を飛ばしてトイレに駆け込み便座に座ると待ちかねたように小便のような下痢をした。
 そこにトイレの戸が開き看護師が「どうしました」と声をかけてきた。??????。「ナースコールが鳴りました。」
 車椅子から便座に飛び移るときよろけて壁に手を突いたがそのとき非常ボタンを押してしまったらしい。
 異常ありませんと謝り看護師は立ち去ったが下痢の話をすべきだった。
 吾輩は動転すると行き当たりばったりのことしかできないのが情けない。


入院日記(14) 介護入浴室でシャワー
1月23日(水)
7時半:雪が降っている。
 今日は娘の車でワイフが来るはずだが娘の車はノーマルタイやでチェーンも持っていない。
 雪が積もったら来ないようにと家にTELした。
9時半:看護師が検温に来た。
 様子を訊かれたので左腕の痺れのことを話した。
 看護師は療養病棟なので入院目的の足の骨折以外の治療ができないので家族に湿布などを持ってきて貰うか治療を受けていた医療機関に行くようにと気の毒そうな顔で言う。
 しかし治療中に使った車椅子や松葉杖による筋肉疲労も原因しているのでないかと言ったら看護師は主治医と相談すると言ってくれた。
 治療の過程で発症した病気なら治療して貰えるらしい。
 わかりにくい医療制度だ。
12時:食事の時間だが相変わらず食事のワゴンが来ない。
 15分過ぎ頃ワイフと娘がやってきた。
 看護師が食事が来たら持って行くからラウンジでどうぞというので3人でラウンジに行く。
 やがて食事が運ばれてきたが硫化アリルの臭いが鼻を刺すチャーハンだ。
 無理やり口に押し込んでみたが反射的に吐き出してしまった。
 食べるのは無理なので食堂に返しカロリーメイトで飢えをしのいだ。
13時:ワイフから頼んでおいたものを受け取り3人で雑談をしていると理学療法士がリハの迎えに来た。
 ワイフと娘は洗濯物を持って帰宅し、吾輩は理学療法士に付き添われて松葉杖でリハ室に向かった。
14時半:リハから戻ると看護補助者がシャワーの迎えに来た。
 看護補助者に付き添われて車椅子で介護入浴室に向かう。
 介護入浴室の脱衣所から浴室内を覗くとリフト式の椅子に目を引かれた。
 U字型の椅子の背中にリフトの柱があり椅子が上下できるようになってる。
 椅子を浴槽より高い位置まで上げてから椅子が浴槽の上になるまで柱を回し椅子を下ろせば椅子に腰掛けたまま入浴できる仕組みだ。
 これなら足を床に付くことができない障害者でも入浴できる。
 障害者を介護するにはそれなりの設備が必要だということを痛感した。
 脱衣所で包帯を取り車椅子のまま浴室内に入りリフト式の椅子の前に付ける。
 リフト式の椅子に腰掛けると看護補助者が車椅子を脱衣所まで運び出す。
 今回は浴槽に入らないのでリフト式の椅子に腰掛けたままシャワーを浴び頭とからだを洗った。
 手の届かないところは看護補助者が洗ってくれる。
 介護老人になった気分だ。
 シャワーで洗剤を流し終わると看護補助者が傍まで運んできてくれた車椅子に乗り脱衣所に移動する。
 脱衣所でからだを拭いていると看護補助者はドライヤーで髪を乾かしてくれている。
 至れり尽くせりの介護だ。
 包帯を巻かずにトレーナーを着て病室に戻り病室で看護師に包帯を巻いて貰った。
15時半:看護師が主治医から肘痛の処方が出たとインテバンクリームを50g持ってきてくれた。
 さっそく左肘に塗り込んだ。


入院日記(13) 食事の世話でてんてこ舞い
1月22日(火)
7時45分:食堂に行くともう10人以上も入院者がテーブルについている。
 吾輩のところにも看護師が飛んできて体温、血圧、脈拍の測定をする。
 他の人のところではエプロンをかけてあげたり椅子の位置を調整してあげたりなど看護師や助手はてんてこ舞いの忙しさだ。
8時:食事のワゴンが上がって来ると看護師達の忙しさはピークに達し戦場のようだ。
 膳を置くと納豆パックを開き納豆を食器にあけグルグルかき混ぜてから飯の上にかけてやる。
 これを一人ずつするのだから吾輩のところに配膳されたのは8時半近くになってしまった。
 全24人のうち吾輩を含めて3人は配膳するだけで済む。その3人が最後にさせられてしまうのはなぜだろう。
 配膳だけで済む人のところに先に配るのが段取りというものだろう。
 看護師達は配膳が終わると自力で食事できない人に付ききりで食べさせて上げているから苦情を言うのは気が引ける。
 てんてこ舞いの看護師達に段取りを考えさせるのは酷だからテーブルとワゴンの棚にも番号を振っておいたらよさそうなものだ。
 そうすれば番号に合わせて配膳すればいいのだから看護師達の負担が軽減しよう。
 また配膳するだけですむ人の番号には◎マークを付けておけば先に配膳してしまえばよいので時間の節約になる。
 これはあくまでも一案だ。もっといい方法があるに違いない。配膳方法は工夫があってしかるべきだ。


入院日記(12) 病室の移転
1月20日(日)
7時:夜勤看護師が調子を訊きに来たので前に治療中だった左肘が痛さがぶり返したと訴えた。
 今日は日曜で主治医が休みだからとりあえず湿布しましょうということでモーラス3を持ってきてくれた。
 さっそく左肘に貼るとすーすーして気持ちよい。
 肘の痛さはいくらか和らいだ感じがする。
 今日は日曜なのでリハがない。
 食事、トイレ、歯磨き、NHK囲碁の時間以外はせっせとEM・ONEに入院日記の記事を書き込んだ。
 おかげで入院日記(3)~(5)までを島谷的舞録゛にアップできた。


入院日記(11) 時計の設定ミスが諸悪の根元
1月19日(土)
4時:島谷的舞録゛の記事送信用メルアドをうっすらと思い出したので入院日記のメール投稿を試みた。
7時半:未だに島谷的舞録゛にメールした記事が表示されない。
 メルアドが違っていたのか。
8時半:Yahoo!にブログを作り日記をアップ。
 Yahooブログは低機能ブログだがそれだけにEM・ONEにとって最も使いやすいブログに感じた。
 EM・ONEのおかげで低機能のメリットを知ることができた。
9時:島谷的舞録゛にメールした記事が表示されている。
 しかし記事文末にシグが入ってしまった。
 管理ページから記事修正することができないのでシグを削除できない。
 退院するまでメルアドを曝したままになってしまう。(トホホ)
 EM・ONEではgmailの送信の際にシグを外す機能がないのでgooメールで送信することにした。
11時:リハの迎えが来る。
 オイオイ、いまからリハでは昼飯はどうなるんかい。
 嫌な顔をするわけにもいかず(きっと嫌な顔してたんだろうなぁ)理学療法士に付き添われてリハ室に向かう。
 自主筋トレをしてから理学療法士が足首のリハにとりかかる。
 いまの足首の角度は-5度だという。
 足首の角度とは直角をゼロとし鈍角がマイナスで鋭角がプラスだそうだ。
 仰向けに寝たままでいるとつま先が下がってだんだんと鈍角になってしまうのだといわれた。
 また足を当て板で固定しているためリハをしないと鈍角のまま足首がかたまってしまうそうだ。
 そこで理学療法士が足を抱え込んで足首を曲げるリハをするのだがこれが物凄く痛い。
 理学療法士に力を抜いてくださいといわれるのだが痛さを堪えるため勝手に力が入ってしまう。
 リハは11時50分頃に終わり昼飯前に病室に戻ることができた。
15時半:主治医の往診
 昨日から痛み止めを飲まないで済んでいると報告するとそれはよかったとにっこりして抜糸は来週と言って立ち去った。
17時:明日は吾輩の誕生日。
 なにげにEM・ONEの時計とアラームを開いてみた。
 なんと!!!!!!年月が10年以上も昔になっているではないか!!!!
 日時が合っているので気が付かなかった。
 慌てて正しい年月に設定してからOperaでseesaaにログインを試みたところセキュア処理エラーにならずログインできたではないか!!!!!
 これで島谷的舞録゛のメンテができるようになった\(^0^)/
 最高の誕生日プレゼントだ。^^
 さっそくアップした記事の不具合を修正した。
 いままでオペラ座の怪人が島谷的舞録゛の楽屋に入れなかったのは時計が狂っていたからだったのだ。
 時代錯誤の権力者が社会を混乱させるのと同じだな。
 内蔵時計の設定の重要性を思い知らされた。


入院日記(10) 装具の型どり
1月17日(木)
4時:4Uブログに病院日記(18)をアップしようとしたがログインできない。
 昨日ログインアドレスを変更したがそのアドレスを誤記入したらしい。
 誤記入しそうなアドレスで試行錯誤を繰り返したが皆はねられる。
 これで4Uツールズにはログインできなくなってしまった。
 日記の下書きは引き続きeXciteブログにアップすることにした。
 病院日記(18)をアップしてから病院日記(1)に病室の写真をアップしようと編集ページで参照ボタンをタップしたがjava scriptを使っているためかファイルリストが開かない。
 写真をアップするのは諦めた。
7時半:ウェブリブログのTBお題に記事を書きボタンをタップすると送信できない。
 これもjava scriptだったんだ!!
 癪なのでダメモトでOperaで開いてみるとなんと!ログインできた!!
 BIGLOBEはEM・ONE搭載のOperaに対応しているんだ!!
9時半:主治医の往診があり傷口の状態を診てから消毒しパットを取り替えた。
 傷の回復は順調のようだ。\(^0^)/
11時:まだ装具外来の呼び出しがない。
 なにげにOperaで島谷的日°夜録゛にログインを試みたらログインできた。\(^0^)/(謎)
 しかし相変わらずseesaaやeXciteにはログインできない。
 島谷的日°夜録゛にカキコするとあっというまに多勢ののPIYOトモさんからコメントをいただく。
 やっとネット横町に戻れた感じがする。
12時半:食後の歯磨き中に装具外来から呼び出しを受ける。
 慌てて歯磨きをやめて整形外科外来に向かう。
 今日は短下肢装具の型どりだ。
 右足にサランラップを巻き付けてから石膏液をしみこませた包帯を巻き足によくフィットさせる。
 その上に再び石膏液を染み込ませた包帯を巻いて丹念に手でフィットさせる。
 石膏が乾くとナイフで縦に切れ目を入れて足から外し型どりが終わる。
 24日に仮合わせ31日に引き渡しになる。
 装具代金102,279円はそのとき現金で装具屋に支払わなければならない。
 健保の払い戻しを受けるにはその領収書を添えて市役所に保険手続きをしなければならないようだ。
 メンドイなぁ。そんな手続きは装具屋でして欲しい。
 外来診療室を出るとロビーのテレビでちりとてちんが始まったところだ。
 ちょうどいい、ここで終わりまで見てから病室に戻った。
 病室に戻ると間髪を入れずリハ担当の理学療法士が迎えに来る。
 理学療法士と一緒にリハ室に向かい昨日と同じメニューをこなす。
 病室に戻ったのは14時半を過ぎていた。
16時:足の包帯部分をポリ袋でしっかりと覆い準看護師に付き添われて浴室に行きシャワー浴びる。
16時半:島谷的日°夜録゛がログアウトされてしまっているのでログインし直そうとしたがログインボタンをタップしても動作しない。
 Oeraまでjava scriptが動作しなくなってしまったようだ。
 そういえば大分前にたかさんに頼まれた[PIYOトモになる]ボタンを押しても反応がなかった。
 あのときすでにjava scriptが動作していなかったに違いない。
 Operaの設定を調べたがjava scriptにしっかりチェックマークが付いている。
 FC2サイトに原因があるのではなかろうか。
 ぬかるみにはまりこんだ自動車のように用も足さないのにパケットカウンタばかり空回りしている。


入院日記(9) イー・モバイルと格闘
1月13日(日)
 EM・ONEのメモは縦位置にして文字パレット入力が最も効率的だと悟った。
 また推測変換機能はOFFにした方がストレスが溜まらないこともわかった。
 gooブログも投稿フォームが表示されたので試しに記事をアップしてみた。
 無事アップできたが使い勝手はeXciteに劣るので下書きをアップするのはeXciteブログのままにすることにした。
14時前:ワイフが洗濯物を持ってきた。
 スニーカーと拡大レンズのヘッドセットを持ってくるように頼んだ。
 また平型イヤホンマイク端子とイヤホンミニ端子との変換ケーブルまたは変換アダプタを買ってくるようにメモを渡して頼んだ。
 ワイフは花に水をやり1時間ほど雑談をしてから洗濯物を持って帰った。


入院日記(8)
1月11日(金)
 EM・ONEを試行錯誤の結果FC2ブログならIEでログインして記事を書けることがわかった\(^0^)/
 とりあえずFC2出張所に少しずつ書き込みし退院してからメインブログに補筆転載することにした。
 しかしEM・ONEで記入すると超時間がかかる。家から出発するところまでを記入するのに30分以上かかってしまった。
 記事を保存しようとするとエラーになる。
 なんと!!時間がかかりすぎたためログアウトされてしまったのだ!!
 慌てて全文コピーしてからログインし直し投稿フォームにペーストして送信しアップすることができた。
 これからはいったんEM・ONEのメモに記入してからブログの投稿フォームにコピペするようにしよう。

14時前:娘夫婦が花を持って見舞いに来る。
 雀さんから贈られた花がしおれてしまったところだったので入れ替えて貰った。
14時半:娘夫婦と入れ違いにリハ担当の理学療法士が迎えに来た。
 今日のリハは昨日腹筋トレーニングの代わりに足の筋トレが行われた。
  • 足を伸ばして腹這いになる。
  • 伸ばした足首にチューブを巻き下に固定する。
  • 腰を床に押しつけるようにしながら足を上げゆっくりと下ろす。
 相当ヘビーな筋トレだ。
 足を上げようとすると腰が浮いてしまう。
 腰を浮かさないようにすると足があがらない。
 腰がガクガクになった。
 リハが終わると明日から3連休になるので自主トレするよう指示された。
17時:主治医の往診
 来週の木曜頃抜糸して翌週に装具屋を呼ぶ。
 1週間ほどで装具ができ装具を付けて退院の予定という。
18時:今夜の夕飯は最悪だ。
 硫化アリルの臭いがぷーんと鼻を襲うチャーハンだ。
 口に入れたくないが食事をしないと回復が遅れるだろう。
 それにハードなリハビリのおかげで腹がペコペコだ。
 無理やり口に押し込み吐き出しそうになるのを堪えて食べる。
 しかし半分までが我慢の限界だった。
 見舞いのバームクーヘンが残っていたことを思い出し空腹を癒した。


入院日記(7)
1月10日(木)
4時:トイレに起きたついでにEM・ONEの修復に挑むことにした。
 ネット接続の設定をいろいろいじったがどうしても接続できない。
 やむを得ずリセットボタンを押してリセットし、やっと接続できるようになった。
 島谷的舞録゛に雀さんとあどさんのコメントがあるのでレスを書く。
 これまた小さいキーボードではすごく時間がかかる。
 もっと書きたいことがあったが諦めて送信した。
 碁楽苑にアクセスしたがIEでは java script が動作しないため投稿ボタンをタップしても反応がなく投稿できない。
 Operaではテキスト碁盤が崩れて使い物にならない。
 投稿を諦めその旨を島谷的舞録゛に記そうとIEでSeesaaマイブログから投稿ページを開いたら記事カテゴリとジャンルまでしか表示されず投稿フォームが表示されない!!
 ゲッ!!これも java script か!!
 Operaでアクセスしログインしようとするとセキュア処理エラーになる。
 つまり記事の投稿ができないのだ!!!!!
 島谷的舞録゛、碁楽苑、島谷的日°夜録゛に投稿できないのではEM・ONEの価値はゼロに近い。
 ただし1ヶ月以上放置すると消滅するサイトにはログインしてメンテできたからEM・ONEを買った目的は達成されてはいる。
 ほかに使い道がないかこれから試行錯誤してみよう。
 病院の暇な時間を持て余さないためのAHA体験道具だと前向きに考えることにしよう。(トホホ)


入院日記(6) リハ開始
1月9日(水)
1時:からだが震え寒気がするのでナースコールして布団を1枚増やして貰った。
5時:またまた便意を催す。
 やはり下痢だ。
 尿取りパットに米粒大のしみが3カ所ある。
 夜中に無意識に放屁してしぶきが飛んだのだろう。
 尿取りパットをしていてよかった。
 ナースコールして汚れた尿取りパットを渡し新しいパットを貰い装着した。
5時半:痛みが走るのでナースコールして座薬を入れて貰う。
 ついでに増やした布団を外して貰う。
7時:再び下痢。しつこいなぁ。
8時:お粥の朝食が配膳された。
 食べ終わると腹がグ~~っとなるので慌てて車椅子に乗りトイレに転がり込む。
 便器に腰を下ろすと放屁とともに泡が噴出、その後ウインナーソーセージ位の便がでるが粘液状の泡が浮く。
 ベッドに戻ってからナースコールして整腸剤を要望した。
 医師が出勤してから処方とのこと。
9時:便意を催したのでトイレへ急行。
 大音響で放屁、今回はガスだけのようだ。この後いんげん大の便を数本排出した。
11時:薬剤師が様子を訊きに来た。
 痛み止めは内服薬が最も効き目があったので5時間ごとに服用するようにできないかと訊ねると、体温を下げたり腎臓の機能を阻害する副作用があるから1日3回が限度だという。
 現在1日2回の配薬を3回にしてよいか医師に相談するとのこと。
 下痢の状況を説明すると抗生物質の副作用で下痢症状が起きた可能性が高い。
 抗生物質の投与をやめたので自然に回復していくのではないか、ビオスリー散の服用が必要か医師と相談すると言って退室。
12時:昼食が来る。
 焼きそば、わかめスープ、きゅうりとなすの酢の物、ゼリー(メロン色)
 あれぇ?!全粥ではないんかい!?食事票には全粥(300)と書いてある象。
 焼きそばは全粥並に消化がいいんかい。聞かんなぁ。
 半信半疑で一口食べる。
 マジ~~~ッ!!!!なるほど!!消化がいいようにのびさせたんだな!!!!
 まずすぎてなかなか喉を通らない。
 噛む練習の素材と思うほかない。
右側で5回、左側で5回、真ん中で10回、これを何回も繰り返し口の中で糊のようになってから飲み込む。
 確かに消化はよさそうだ。
 しかし、半分食べたらほとほと嫌になった。
 口直しにゼリーを食べる。これまたマジィーッ!!!甘ったるいし合成香味料の臭いが鼻につく。
 慌ててお茶を飲む。
 昼食が終わり歯磨きセットをパジャマのポケットに入れて車椅子で洗面台に向かう。
 車椅子の振動で便意が激しくなる。
 慌ただしくトイレに転がり込み便座に腰掛けると待ちかねたように屁を1発ぶっ放してから泡を飛ばす。
 また下痢かと思ったがその後は順調に便が出た。
 どうやら腸は順調に回復しているらしい。
 あの焼きそばで悪化しなければいいのだが、、、
 普通の飯に戻すのは明日にしよう。
13時:ワイフが碁楽友からの見舞いはがきとケーキを持ってきた。嬉しい。碁楽友さんに心から感謝。
 また頼んでおいたEM・ONEを買ってきてくれた。
 これでインターネットにアクセスできるぞ\(^0^)/
 ワイフが買い物に出かけたところに理学療法士がリハビリの迎えに来る。
 机に書き置きをしてから理学療法士に連れられて車椅子でリハ室に向かう。
 リハ室で右足を屈伸させて動きを理学療法士が確認した後リハビリが始まる。
  1. 足を伸ばした状態で仰向けになる。
    左足首に1.5kgのバンドを巻き足首の角度が鋭角になるようにしながら足を10cm位浮かす。
    5秒キープしてからゆっくりと下ろす。
    これを10回3セット行う。
  2. 左足を下にして横向きになる。
    右足を20cmくらい浮かして10秒キープしてからゆっくりと下ろす。
    これを10回2セット行う。
  3. 仰向きに戻り膝の下に高さ15cmくらいのクッションを置く。
    腰を浮かさないようにしながら膝の裏でクッションを押しつぶすようにして5秒キープ。
    これを10回2セット行う。
  4. 膝の下からクッションを取り除き高さ20cm位の台の上に両足を乗せる。
    腰を浮かせてから左足を20cmほど上げ5秒キープしてゆっくりと下ろす。
    これを10回3セット行う。
 リハが終わった後車椅子を持った理学療法士に付き添われて松葉杖で病室に戻る。
 松葉杖で歩くのもリハのうちだ。
 病室には買い物から戻ったワイフが待っていて洗濯物を受け取ってから帰って行った。


入院日記(5) 試練の日
1月8日(火)
2時:痛みが走るのでナースコール。
 痛み止めの座薬は前回挿入してからの2時間も経っていないので使うわけにいかないという。
 どうしても痛さを我慢できないのなら筋肉注射になりますがかなり痛いですよという。
 また時間的に中途半端なのであまりすすめられないという。
 後2時間我慢すれば座薬が使えるというので頑張ることにした。
 口がかさかさに渇く。
 もう水分を補給してよいと吸い飲みで水を2口ほど飲ませてくれた。
4時:痛み止めの座薬を挿入して貰う。
 吸い飲みで2口ほど水を飲ませて貰う。
6時:手首からの点滴が外される。
 ベッドをテレビ台の傍に移動して貰った。
 これでテレビを見たりメモを書いたりできるようになった。
 持参したステンレスボトルにお茶を入れて貰った。
8時:朝食が運ばれてきた。
 ほうれん草の味噌汁、梅干し、温野菜、こうや豆腐とインゲンの煮物
 久しぶりの食事だ。米粒が愛おしく感じられる。
 やはり栄養は点滴ではなく口を動かして摂取するのが一番幸せだ。
8時半:回診があった。
9時:麻酔医が様子を訊きに来たので夜中の排尿の苦労話を披露した。
10時:看護師が熱いタオルを持ってきた。
 からだを清掃し手術衣からパジャマに着替えるのを手伝ってくれた。
 ベッドから車椅子に移動しシーツの取り替え。
 車椅子からベッドに移動しているところに主治医が往診に来た。
 吾が輩の動きが軽快だと呆れ顔。
 手術の翌朝は動きがぐったりと緩慢なのが普通だという。
 整復作業で骨折部分の合わせるところの感想を話すとそんなところまで見ていた患者は初めてだと呆れかえられた。
 足の包帯をとり消毒して包帯を巻き替えた後痛み止めの点滴をしていた背中のチューブを抜く。
 せいせいしたが苦痛の序曲だとは気がつかなかった。


入院日記(4) さあ手術だ
1月7日(月)
 昨夜9時以降お茶を飲んでいないので無性に喉が渇く。
 トイレに起きる度に洗面台で口をすすぐ。
 口のかさかさに耐えかねて3時過ぎに歯磨きをしたらかなりすっきりした。
 歯磨きは喉の渇きを癒す効果があることを発見した。
6時:看護師が手術衣を持ってきて9時頃までに着替えるようと言う。
 このとき車椅子も取り替えてくれた。
 病棟の車椅子は外来用より上等だ。
 足乗せ台まで備わっていて右足を伸ばして持ち上げた状態で車椅子に座ることができる。
 ただし外来用の車椅子より一回り大きく病室内のトイレでは取り回しが窮屈なのが難点だ。
9時:手術立ち会いのため娘の車でワイフが来た。
 カーテンの中にはいるとテレビ台の上の花に気がつく。
 雀さんからのお見舞いだというと娘がどうして入院を知ったのか不思議がる。
 入院することをブログに書いたのだというと雀さんはブログを呼んでくれているんだと驚いていた。
 ワイフは花にかぶせられていたポリカバーを外し鉢植えに水をやる。
 一段落したところでワイフにEM・ONEを購入するようメモを渡して依頼した。
 11日に娘が北里東病院に行った帰りに我が家に寄りワイフを乗せてヨドバシカメラに行きEM・ONEを買ってからこちらに来ることになった。
 この後しばらく雑談をしたがいつまで経っても顎髭の話題が出ない。
 たまりかねて一言。
拙「俺の顔変わってないかい」
娘「あーっ!!どうも何かおかしいと思った!!」
 この程度の反応なら顎髭がなくなっても違和感をもたれないですみそうだ。
9時過ぎ:主治医の往診。
 手術に備えての診察を受けてから手術衣に着替える。
 主治医は2番目の手術なので11時頃になると言って部屋を去る。
10時:看護師が来て手術のための精神安定剤を飲まされる。
10時45分:ストレッチャーで手術室に移動。
 手術室入り口でワイフと娘は病室に戻って待機となる。


入院日記(3) 顎髭との訣別
1月6日(日)
10時過ぎ:西隣のベッドに患者が入る。
 隣との仕切は車椅子でトイレに行くとき触って仕舞い勝ちなカーテンだ。
 慎重にカーテンから出るようにしなければ、、、

12時:NHK囲碁講座が始まったところで昼飯が運ばれてきた。
 食事をしながら斜め右後ろを振り返りテレビを見る。かなり苦しい体勢なので食事を終えたときは腰がやめてしまった。
 昼食が12時というのはつらい。
 講座が終わったところで食事に専念しテレビを見るのをやめた。
 食後洗面台に向かい歯磨きを終えてからテレビをつけると、、、
 納豆ダーリンが右下隅にオキを打った局面が映っている。
 キビシそうな手だが解説の宇宙和尚は疑問を投げかけている。
 確かに宇宙和尚の示す手の方が納豆ダーリンらしい手だ。
 この手が原因なのだろうか????
 納豆ダーリンは苦戦が続き敗勢で中盤が終わろうとしている。
 そのとき局面が動いた、、、、、
 納豆ダーリンが左上隅にツケた様子見の手に片岡9段がひるんで受けた。
 宇宙和尚はかえってアジが悪い嫌な手で局面がもつれたと解説する。
 それでも店仕舞いすれば片岡9段の勝ちと解説の宇宙和尚。
 ところが片岡9段は無用な頑張りをしたためワケワカメな碁に突入。
 動揺した片岡9段は疑問手を連発し闇試合に突入したところで、、、
 看護師が明日の手術の準備のため入浴してくださいと迎えに来た。
 後ろ髪を引かれる思いで看護師に付き添われて車椅子で入浴室に向かった。
 着替え室で看護師はズボンを脱がせてから右足の包帯の上から水が入らないようにポリ袋で覆い粘着テープで厳重に足の肌に巻き付ける。
 浴室入り口まで車椅子で進み片足立ちして手すりに掴まりシャワーの下の椅子に腰を下ろす。
 ここで看護師が車椅子を着替え室まで下げ洗い終えたらコールボタンを押してくださいと去る。
 シャワーで洗髪しからだを洗ってから看護師を呼び車椅子に乗り右足を覆ったポリ袋を外して貰う。
 この後ズボンを履くのをを手伝って貰ってから車椅子で病室に戻った。
 当然のことながらNHK杯はとっくに終わっている。
 高尾本因坊vs片岡9段の結末はどうなったんだろう??

入院日記(2)
1月5日(土)
6時:当直の看護師による採血があった。
 手術の際に必要なデータを得るためだそうだ。
8時:朝食が運ばれてきた。
 味噌汁、納豆、なすの漬け物、福神漬け、ヨーグルト
 吾輩はなすが食べられないのでおかずが足りない。このような場合に備えて持参したねり梅でしのぐ。
9時前:歯磨きして一眠りしていると主治医の往診があった。
 手術は明後日なので今日は家に戻って泊まってきてよいと言われた。
 家に戻ってネット接続したいのはやまやまなれどPCに向かうのではキー入力もままならない。
 せいぜいスパムの削除と碁楽苑の着手くらいのものだ。
 これらがげきるメリットより
  • タクシーでの往復
  • 石段の上り下り
  • 家の中での尺取り虫歩き
  • 寝床がベッドでない
  • 布団が重い
  • ウオッシュレットでない
  • ワイフの負担が激増
などデメリットの方が遙かに大きい。
 せっかくですが家に戻ると石段とトイレが大変ですからと帰宅を辞退した。
11時半:リハ担当の理学療法士の往診がある。
 足を触り腫れが少ないと驚く。
 骨折とわかって以来患部を冷やし足を下げないようにしていた賜物だろう。
 リハビリは手術の翌日から始まると言われた。
12時:昼食が運ばれてきた。
 かけうどんに海老天2匹、きゅうりとわかめの酢の物、白玉が3つ入ったあずき
 歯磨き後に昼寝をしたが今日は時間が余る。
 退院後のブログネタに昨日の日記をKOKUYO semiB5ノートに書き始めた。
 ノートに鉛筆で書きながら改めてキーボードのありがたみを感じた。
 さすがに1本指でキーボードを叩くよりは筆記の方が速いが両手でキー入力するときの倍以上の時間がかかる。
 かな漢変換があってさえキー入力の方が筆記より遙かに速いのだからかな漢変換が不要な欧文ではその差は歴然としたものだろう。
 ひとたびキー入力で文を書けば筆記に戻りたくないのは当然だ。欧米がタイプライター文化なのはむべなるかなと痛感した。
18時:夕食が運ばれてきた。
 白身魚のトマト煮、かぼちゃの煮物、サラダ、オレンジ1/2
 夕食後歯磨きしているところに雀さんが見舞いにきてくれた。
 雀さんは時系列では後輩だが実質的には吾が輩の大先輩だ。
 スキーも雀さんたちにイロハから手取り足取り教えて貰った。もっとも、スキーだからイロハからではなくからだったかな^^。
 スキーによる骨折も先輩だ。
 ここまで見習うこともないのに上回る骨折をするとは吾が輩は律儀よのう。
 雀さんから骨折してから治るまでの体験談を聴かせてもらい大いに参考になった。

入院日記(1) いよいよ入院
1月4日(金)9:30 娘が車で迎えに来てくれた。
 松葉杖を突いて玄関から石段を下りて娘の車に向かう。
 この石段が難関だ。
 左足1本でからだを支え松葉杖を1段下の石段に突く。
 松葉杖に身を預け左足を浮かして杖を突いている段まで足を運ぶ。
 足が石段に着いたら1本立ちして体勢を整えてから松葉杖を1段下の石段に突く。
 松葉杖が下の段を突くまでは左足1本だけでからだを支えていなければならない。
 これらの動作中からだのバランスを崩したら石段の下まで転げ落ちてしまうだろう。
 スキー場のこぶ斜面を滑るよりスリルがある。
 スキーは前傾姿勢だが松葉杖では後傾気味で下りなければならないからなおさら気を使う。
 慎重に1段ずつ下りてなんとか娘の車までたどり着いた。後部シートに尻から滑り込みドアを閉めてもらう。
 ワイフが助手席に乗り込み娘の運転で東芝林間病院までGO!


病院日記(2)
しばらくすると看護師が病院生活の説明にきた。
食事は朝が8時、昼が12時、夜が6時だという。
全般的に遅めだ。特に朝8時はつらいなぁ。
インターネットに接続できる場所がないか訊いてみた。
差額ベッドの個室ならネット接続できる部屋もあるがラウンジでは携帯はLANでインターネット接続できないという。
退院するまではネット社会からの隔離が(涙)
入院が長引くようならem-ONEでも買ってもらおうかなあ。
しかしEモバイルはアップレットに対応していないから碁盤操作ができない。
またFTPも使えないから碁楽苑の管理ができない。
メールチェックとブログチェックだけのためにem-ONEを買うのは躊躇わられる。
どうしよう。
12時になり昼飯が運ばれてきた。
ハンバーグ、ひじきの煮物、野菜サラダ、みかん1個と栄養バランスがとれた献立だ。さすが病院食。
味付けも薄味で吾が輩好みだ。
食後しばらくすると管理栄養士が食事の具合を訊きにきた。
食事アレルギーを訪ねられたので鯖と答えると吾が輩の食事には鯖を使わないようにするという。
朝飯はパンかご飯か選べるというのでご飯をお願いする。
ご飯でも朝は牛乳がつくというので牛乳は飲めないと答えるとアレルギーかと訊かれる。
ヨーグルト、バター、アイスクリームなどの乳製品は大丈夫だが生の牛乳が飲めないと答えると朝はヨーグルトにしてくれるという。
至れり尽くせりだ。
この食事で相模原市から無収入の証明書を貰っている高齢者の吾が輩は1食100円とは申し訳ない。
社会福祉の恩恵を享受させて貰うことになった。
食後の歯磨きがひとくふう。
歯ブラシ、歯磨きチューブ、コップ、歯間ブラシ1式を手に持って車椅子を動かそうとすると車椅子を真っ直ぐに進められない。
手に歯磨き一式を持つことを諦め股に挟んで両手を使えるようにして車椅子を操作し洗面台まで移動することで一件落着。


病院日記(1)
1月4日(金)9:30 娘が車で迎えに来てくれた。
松葉杖を突いて玄関から石段を下りて娘の車に向かう。
この石段が難関だ。
左足1本でからだを支え松葉杖を1段下の石段に突く。
松葉杖に身を預け左足を浮かして杖を突いている段まで足を運ぶ。
足が石段に突くいたら1本立ちしてい体勢を整えてから松葉杖を1段下の石段に突く。
これらの動作中からだのバランスを崩したら石段の下まで転げ落ちてしまうだろう。
スキー場のこぶ斜面を滑るよりスリルがある。
スキーは前傾姿勢だが松葉杖では後傾気味でし下りなければならないのがなおさら気を使う。
慎重に1段ずつ下りてなんとか娘の車までたどり着いた。後部シートに尻から滑り込みドアを閉めてもらう。
ワイフが助手席に乗り込み娘の運転で東芝東林間病院までGO!



カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

最近の記事

リンク

ブログ コミュニティ




月別アーカイブ

カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ検索

RSSリンクの表示



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。