島谷的舞録゛のFC2出張所です。
碁ボード広場 石葉2の使い方 棋譜活用ノート チャット用碁盤ロッカー 島谷的雑棋帳
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


情報統制は軍事国庫の常套手段
 中国政府は7月1日以降に出荷する全てのコンピューターにフィルタリングソフトの搭載を義務付ける通達を発令した。
 名目はアダルトサイトから若者を保護するためということになっているが中国政府にとって都合の悪い情報を遮断するための措置であることはミエミエだ。
 軍事国家にとって情報統制は必要不可欠だろう。
 大日本帝国は日本国民には大本営発表以外の情報が入らないように短波ラジオの所有を禁じた。
 また大本営発表を受信するためのラジオであっても海外の電波を受信しないようにスーパーと呼ばれる高感度ラジオの所有を禁止し並四とか一般家庭では高一と呼ばれる低感度ラジオが使われていた。アンテナも大きいアンテナを張ると特高警察に摘発されたものだった。
 コンピューターの情報収集能力は当時の短波ラジオを凌駕するから中国国民に中国政府発表以外の情報が入らないようにコンピューターにフィルタリングソフトを搭載させるのは当然だろう。
 しかし必ずやフィルタリングソフトを外すソフトがアングラに出回るに違いない。
 フィルタリングソフトがアングラソフトでフィルタリングを外されないようにするバージョンアップとそれに対応するアングラソフトのバージョンアップのイタチごっこが繰り返されることになるだろう。
コメント (メインブログに移動します。)

スポンサーサイト

自由権を敵に回すイラン
 イラン政府の暴挙はとどまることを知らない。
 吾輩は当初は抗議活動をしている方が民主主義の破壊者だと思っていた。
 選挙に負けたから選挙のやりかたがおかしいとイチャモンをつけることを苦々しく感じていた。
 多数決で負けると多数決がおかしいと因縁を付けていたら民主主義は成り立たない。
 社会不安をもたらす抗議活動は取り締まるのが当然とイラン政府に理解をもっていた。
 しかしイラン政府の取り締まりが度を過ぎている。
 外国への報道統制をはじめたのでこれは抗議活動の方が正しいのではないかと思うようになった。
 イラン政府はついに米誌ニューズウィーク向けの取材活動をしているカナダ人記者まで拘束してしまった。
 これは選挙に不正があったと認めたばかりでなく北朝鮮と同様に自由圏を敵に回す行動ではないだろうか。
 イランは北朝鮮と結束して自由圏諸国を攪乱するつもりなのだろうか。
コメント (メインブログに移動します。)


バルヒャの再来
辻井伸行(20)バン・クライバーン国際コンクール優勝全盲のピアニストに音楽の女神が光与えた 2009/06/09 01:33
 米テキサス州フォートワースで開かれた第13回バン・クライバーン国際ピアノコンクールで7日、盲目の日本人ピアニスト、辻井伸行(のぶゆき)さん(20)が優勝した。19歳の中国人ピアニストと並んでの第1位だった。賞金は各2万ドル(約200万円)。1962年にスタートしたコンクールでの日本人の優勝は初めてで、これまで日本人最高位は69年の野島稔さんの第2位。
 全盲のピアニスト辻井伸行さんがバン・クライバーン国際コンクールで優勝した。
 バン・クライバーン国際コンクールは身障者の国際コンクールではない。名演奏家の登竜門となる世界的コンクールだ。健常者であっても優れた才能があってたゆまざる練習をしてもおいそれと入賞できるコンクールではない。日本人では1969年の野島稔さんの第2位が最高だった。
 このコンクールに全盲の辻井伸行さんが優勝したというのはすごいことだ。
 吾輩はテレビでこのニュースを見たときオルガンの巨匠ヘルムートバルヒャを思い浮かべてしまった。
 バルヒャも全盲のオルガニストで彼の奏でるバッハのオルガン曲やチェンバロ曲は心に響くものがあった。
 辻井伸行さんはバルヒャの再来ではなかろうか。バン・クライバーン国際コンクールが巨匠への道の一里塚となり数々の名アルバムが産み出されることを期待して止まない。
コメント (メインブログに移動します。)


金正日の後継者
 昨日のニュースで金正日の後継者に三男の金正雲が内定したと報じられた。
 北朝鮮では金正雲に忠誠を誓う儀式も行われたらしい。
 金正雲はニュース写真では10代のガキにしか見えるが実際は26歳だという。ニュースで掲載されている写真は旧いものなのだろうか。
 写真も胡散臭いが金正雲がすんなり後継者になるというのも胡散臭い。
 たいした権力もない日本の首相の座さえ安倍や麻生は必死になってしがみつく。絶大な権力をもつ北朝鮮の総書記の座は死にものぐるいで奪い合うはずだ。
 写真ではガキとしか見えない金正雲が血を見ずして後継者になることは考えにくい。
 金正日の体調が悪化したのに乗じて金正日の息子3人以外の人物が総書記の座を狙って暗躍しているのではなかろうか。
 核実験やミサイル発射の強行は金正日が後継者を息子3人のうちの誰かにしたいための示威となると辻褄が合う。
 しかし命がけで総書記の座を狙う人間はおいそれとは引き下がるまい。かつてのソ連のように北朝鮮は粛正の嵐が吹き荒れるに違いない。
 そのとばっちりが我が国に及ばないか心配だ。
2009年6月2日 19時19分 ( 2009年6月2日 22時16分更新 )
<北朝鮮>金総書記後継者に三男正雲氏か 韓国側が兆候確認
 【ソウル西脇真一】韓国の情報機関、国家情報院が北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記(67)の後継者に三男正雲(ジョンウン)氏(26)が決まったとする兆候を確認したことが2日、分かった。「北朝鮮本国から(大使など)在外公館長に『後継者は正雲氏』との連絡が行った」との内容で、国情院は国会情報委員会に所属する議員らに報告したという。

発信者の色眼鏡と受信者の色眼鏡
 政治問題や社会問題が報道されると必ず偏向報道だと報道を非難する人が現れる。
 またマスコミの報道を信用してはいけないとしたり顔に言う人も少なくない。
 この人たちは北朝鮮の核実験関連の報道も偏向報道とか捏造報道とか言いそうだ。
 マスコミの報道を信用しないのなら必要な情報は自分で取材するのだろうか。
 そもそも報道機関が中立だと思うのが大間違いだ。報道機関も人間が運営するのだから信条を持っているのはずだ。信条に反する情報は無視するかささやかに報道し信条に合致した情報は強調して報道するのは当然だろう。
 また取材の段階で信条という色眼鏡をかけているから取り入れた情報が真実とはかぎらない。
 幸い新聞には社説がありその社説を読むことによって新聞社の色眼鏡の程度を察することができる。我々は報道機関の色眼鏡を勘案して情報を受け止めればいい。
 一方報道を受け取る側も色眼鏡をかけている。
 だから仮に中立な報道があったとしても色眼鏡で見るから偏向報道に見えることがある。
 現に比較的色眼鏡の度合いが薄いNHKの報道でさえ反体制派は権威に追従した報道といい右翼は中国や韓国に媚びた報道ということがある。
 報道を受け取る側は自分の信条と相容れない報道を偏向報道と非難する傾向にある。
 創価学会の会員は週刊新潮や週刊文春をインチキ雑誌と言う。極右派は読売や産経の記事でさえも媚中の記事と罵ることがある。
 色眼鏡で報道を見る人間は自分の色眼鏡を棚に上げて報道機関の色眼鏡を罵るものだ。
 我々は報道が色眼鏡で見た情報であることを意識するばかりでなく偉そうに報道を批判する人の意見も色眼鏡で見た意見だということを意識する必要がある。
コメント (メインブログに移動します。)


自称2段は詐称か
「おれは剣道2段だ!」は“自称” 千葉の森田知事 2009/05/22 11:44
 千葉県の森田健作知事が全日本剣道連盟から免状を受けていないにもかかわらず、40年以上、剣道2段と語っていたことが分かった。21日の定例会見で森田知事が明らかにした。
 森田健作千葉県が選挙活動の時にも剣道2段と言っていたことに物議をかもしている。
 免状をもっていないのに段というのは詐称なのだろうか。
 吾輩は自民党に籍を入れているにも関わらず完全無所属というのは彼が何と抗弁しようが詐称だと思う。
 しかし免状を持っていなくても私は○段だというのは詐称にはあたらないと思う。
 これを詐称というのなら囲碁のアマ有段者の多くは詐称と言われるだろう。
 免状がないのに私は2段の免状を持っているといったら詐称だがたんに私は2段だというのは詐称にはあたるまい。
 こんなくだだらないことで騒ぎ立てるから肝心の完全無所属という詐称が霞んでしまうのだ。
コメント (メインブログに移動します。)


ますます広がる豚インフルエンザ
 豚インフルエンザの猛威はとどまるところを知らない。
 ニュージーランドやフランスにまでを広がってきた。
 WHOは緊急事態声明を発表し、中国政府も検疫態勢の強化を通達した。
 これからGWに突入だ。
 大勢の人が海外旅行に出かける。
 豚インフルエンザをお土産としてお持ち帰りされたら困る。
 我が国はメキシコからの帰国者には本人の同意を得て1週間ほど電話連絡などの健康監視をすることになったが全世界的に広がりをみせてきたから入国者全員の検疫を強化する必要がありそうだ。
 検疫機関の人員は足りるのだろうか。
豚インフル、中国で1億9000万人感染? 2009/04/26 21:35更新
 【北京=矢板明夫】中国国営新華社通信によると、中国の国家品質監督検査検疫総局は25日、全国の空港や港に対し、入国者を対象とする検疫体制の強化を求める通達を出した。衛生省や農業省なども専門家らを集め、豚インフルエンザウイルスの分析や今後の対応について協議を始めた。
2009年4月26日 21時37分 ( 2009年4月27日 01時22分更新 )
<豚インフル>WHOが「緊急事態」 警戒レベルは据え置き
 【ジュネーブ澤田克己】世界保健機関(WHO)のマーガレット・チャン事務局長は25日深夜(日本時間26日朝)、米国とメキシコで起きている豚インフルエンザの人への感染について「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」とする声明を発表した。事務局長は各国に、インフルエンザが疑われる病気や肺炎の不自然な流行への監視を強化するよう要請した。新型インフルエンザの世界的大流行(パンデミック)に備える警戒レベルは、現在の「フェーズ3」が据え置かれた。
2009年4月26日 19時18分
NZでも豚インフルか メキシコ帰りの高校生10人
 【シドニー26日共同】ニュージーランドのライオール保健相は26日、メキシコ滞在から戻った高校生10人がインフルエンザ検査に陽性反応を示し、豚インフルエンザに感染した可能性が強いと述べた。ニュージーランド・ヘラルド紙(電子版)などが報じた。いずれも症状は軽く、ほとんどの生徒が回復に向かっているという。10人はスペイン語研修のため3週間メキシコに滞在、25日に帰国した。
豚インフル 米が緊急事態を宣言 2009/04/27 02:20更新
 【ワシントン支局】米国土安全保障省のナポリターノ長官は26日、米国で豚インフルエンザの感染が拡大していることについて記者会見し、米政府は「公衆衛生に関する緊急事態」を宣言したことを明らかにした。米疾病対策センター(CDC)は同日、オハイオ州で新たに1人の豚インフルエンザの感染が確認されたと発表。この結果、米の感染確認は計20人になった。

豚インフルエンザ発生
 やっとインフルエンザシーズンが終わったと思ったら一難去ってまた一難。
 メキシコで豚インフルエンザが人間に感染し60人も死亡したという。
 豚インフルエンザの人間への感染はカリフォルニアやテキサスでも発生しているという。
 このインフルエンザウイルスはH1N1型らしく爆発的流行を起こすタイプのウイルスに発展する可能性があるらしい。
 我が国でも生きている豚を輸入するときは豚ウイルスの検査をすることになったようだが人間に感染するのだからウイルスに感染し潜伏期間中の人が入国したら我が国でも豚インフルエンザが流行する心配がある。
 ワクチンは間に合うのだろうか。
豚インフルか メキシコで60人死亡 2009/04/25 01:03更新
 世界保健機関(WHO)報道官は24日、メキシコでインフルエンザのような症例の患者がこの時期としては異常な増加を示し、3月末以降これまでに60人が死亡したと発表した。米国で7人の感染が確認された豚インフルエンザの疑いがあるとして調査している。

孤独な草なぎ剛
2009年4月23日 09時44分 ( 2009年4月23日 13時10分更新 )
<公然わいせつ>SMAP草なぎ剛容疑者を逮捕 警視庁
 東京都港区の公園で裸になっていたとして、警視庁赤坂署は23日、人気グループ「SMAP」の草なぎ剛容疑者(34)を公然わいせつ容疑で現行犯逮捕した。
 人気タレントのSMAPの草なぎ剛が港区赤坂の檜町公園で素っ裸で大声を上げ騒ぎ公然わいせつ罪で逮捕されたことが大々的に報道されている。
 彼は泥酔状態だったようだ。取調中も二日酔いで大変だったろう。
 男はどうして酔っぱらうと裸になりたがるのだろう。
 オッサン連中の宴会では裸踊りがつきもののようだ。
 座敷の中での裸なら余興で済まされるかもしれないが公園や公道で裸になるのは犯罪であることは確かだ。
 しかし酔った勢いで服を脱いで踊る若者は少なくないし群集心理で真っ裸になって駆け回ることも少なくない。
 そして周囲の人間は止めるどころか囃し立てたりけしかけたりする。
 恥ずかしながら吾輩も囃し立てて面白がるろくでなしの一員だ。
 通報されてポリが駆けつけたら連行されたに違いない。
 しかし決してニュース沙汰にはならないだろう。
 裸で暴れ回ったのがトップニュースになるのは人気タレントの草なぎ剛だからだろう。有名税なのかもしれないがCMや番組が打ち切られたりする損害は莫大なものだろう。高い税金を払ったものだ。
 これはあくまでも吾輩の憶測だが泥酔状態の草なぎ剛が一人で公園まで来て裸になったとは考えにくい。
 一緒に飲んだ仲間と公園までやってきて囃し立てられながら素っ裸になって喚き立てたのではなかろうか。
 ただ一緒にいた仲間が警察が駆けつけたとき彼を見捨てて逃げてしまったということは吾輩の年代ではありえないことだが近頃の薄情な人間ならやりかねない。
 公園に来たのが仲間と一緒でなく彼が一人で来たのだとすると泥酔状態の彼に付き添った人間が一人もいないことになる。薄情な飲み仲間だ。
 吾輩は草なぎ剛のファンではないがなんとなく同情してしまった。
SMAP草なぎ容疑者、逮捕時は泥酔状態 2009/04/23 09:06
 アイドルグループ「SMAP」メンバーの草なぎ剛容疑者(34)が逮捕された事件で、逮捕から4、5時間後のアルコール濃度が呼気1リットル中0・8ミリグラムだったことが、警視庁赤坂署の調べで分かった。
草なぎ逮捕でテレビ、CMは大わらわ 地デジは打ち切り 2009/04/23 10:25
 草なぎ剛容疑者(34)逮捕の一報が入った23日午前、レギュラー出演しているテレビ局、CM、レコード会社の関係者などはあわただしく対応に追われた。
コメント (メインブログに移動します。)


世界で最も美しい女性政治家に八戸市議がトップ
美人八戸市議のトップ確定 世界ネット投票
2009/04/20 08:58
 スペイン紙「20ミヌートス」のホームページ上で行われていた「世界で最も美しい女性政治家」を選ぶネット投票は20日朝(現地時間19日夜)に終了し、青森県八戸市の藤川優里市議(29)の1位が確定した。総得票数は14万6359票だった。
 スペイン紙「20ミヌートス」のホームページ上で行われている「世界で最も美しい女性政治家」を選ぶネット投票は19日に締め切られ日本からただ1人ノミネートされていた青森県八戸市の藤川ゆり市議(29)が146,359票を獲得し1位を獲得した。
 これって素直に喜んでいいんだろうか。
コメント (メインブログに移動します。)


幻の北朝鮮衛星
 北朝鮮はついに人工衛星と称する飛翔体を発射した。
 北朝鮮は成功したと報道したがアメリカは太平洋に落下したと報じた。
 おそらくアメリカの報道の方が正しいだろう。
 北朝鮮は北朝鮮国民に対して人工衛星の打ち上げが成功し正常に軌道を回っていると報道するほか立場がないだろう。
 打ち上げ成功で浮かれモードが静まるまで幻の人工衛星は軌道を回り続けることにしなければならないだろうが信憑性をもたせるためどの位置にいるかもっともらしく報道する必要があるだろう。どのような嘘をつき続けるのか興味津々。
 もっとも北朝鮮のことだから軍事機密として具体的位置を報道しないですませてしまうのかもしれない。
 疑問を称える北朝鮮国民は非国民として処罰されるんだろうなぁ。
コメント (メインブログに移動します。)


報道のフェイルセーフ
北ミサイル「発射」騒動に列島混乱 2009/04/04 23:00
 「誤報」「飛翔体発射の模様」「誤探知」。北朝鮮のミサイル発射予告期間初日の4日、相次ぐ誤報情報に列島は大混乱に陥った。予告初日の発射は見送られ、安堵(あんど)の様子が広がったが、さくら満開の週末。関係者にはなんともいえない徒労感だけが残った。
 昨日は北朝鮮ミサイル発射誤報に大騒ぎだった。
 日本ばかりでなく世界のメディアに日本は過剰反応していると物笑いの種にされてしまった。
 野党は待ってましたと政府を非難するだろう。
 ミサイル誤認は防衛上大問題だ。システムの欠陥を徹底して追求すべきだろう。
 しかし誤報を責めることが正しいだろうか。
 ミサイル防衛システムが飛翔物体らしきものを検知した。
 これがミサイルであるかその他のものであるか確認してから報道するのが正しい報道なのだろうか。
 敏速な誤報と手遅れになりそうな遅い正確な報道とどちらが危険だろう。
 人間のすることに誤りはつきものだ。誤った場合でも危険の少ないフェイルセーフを心がけることが大切だ。
 その観点から今回の報道はどうだったんだろう。やはり時間をかけて確認してから報道すべきだったのだろうか。難しい問題だ。
 監視システムが飛翔物体らしきものを検知した。詳細は検討中と速報するのが正しいのかな。
2009年4月4日 21時50分 ( 2009年4月5日 02時26分更新 )
<誤発表>日本政府「発射」…5分後に訂正 官房長官が陳謝
 北朝鮮が「人工衛星」の打ち上げを予告した初日の4日午後0時16分、日本政府は「北朝鮮から飛翔(ひしょう)体が発射された模様だ」と長距離弾道ミサイルの発射情報を発表し、5分後の同21分に「さきほどの情報は誤り」と訂正した。防衛省内の情報伝達ミスが誤発表の原因としている。発射情報の早期探知はミサイル防衛(MD)システムの根幹と言え、日本の防空能力への信頼を揺るがしかねない失態に河村建夫官房長官は「ご心配をかけたことは率直におわびしたい」と陳謝した。
誤情報は無関係な航跡が発端 迅速さと正確さの両立が課題 2009/04/05 01:13
 4日に起きた弾道ミサイル発射の誤情報問題の発端は、航空自衛隊のレーダーが探知したミサイルとは無関係の航跡情報が、即座に首相官邸まで伝達されたことだった。その過程で、隊員が発射の根拠を肉付けする情報を思い込みで加えたり、衛星情報との照合が不十分だったりしたミスも重なった。情報伝達の迅速さと正確さの両立という重い課題を浮き彫りにした形だが、速報重視に伴う弊害との見方もある。
コメント (メインブログに移動します。)


なぜ逮捕しない?なぜ敬称で書く?
From BK
====================================================
ttp://www.asahi.com/national/update/0330/TKY200903300341.html

新聞はこの窃盗事件の犯人をなぜ容疑者と呼ばず高橋教授と敬称で書いているのだろう?

また、警察はなぜこの高橋容疑者を逮捕しないのだろうか。
余罪がある可能性もあり、逮捕して家宅捜索するのが普通と思われるが。

この人物を特別扱いしたい理由でもあるのだろうか。
コメント (メインブログに移動します。)


失言に迅速な対応
 オバマ大統領はNBCテレビのトーク番組でMCのレノ氏にホワイトハウス内のボウリング場について聞かれた際『練習はしているがスコアは129でスペシャルオリンピック(SO)(知的障害者のスポーツ大会)だ』と発言した。
 オバマ大統領は番組収録後、直ちにSOのシュライバー会長に電話で『知的障害者に屈辱を与えるつもりはなかった』と謝罪し、SO会長は謝罪を受け入れた。
 迅速な対応だ。
 オバマ大統領の発言は普通の人でも軽いジョークとして言いそうな台詞だ。しかし政治家の発言は衆人の目に鵜の目鷹の目でさらされている。少しでも不都合なことを言ったら食いついてやろうと虎視眈々と狙っている人も少なくなかろう。
 覆水盆に返らず。言ってしまったことは取り返しがつかないが噛み付かれる前に謝罪すれば損害を最小限に食い止めることが出来る。
 失言というのは自分では気がつかないものだ。
 オバマ大統領は優秀な側近に発言をチェックさせ収録直後に問題発言の指摘を受け直ちに謝罪したのではなかろうか。
 我が国の政治家もオバマ大統領の失言に対するフォローを見習って欲しい。
コメント (メインブログに移動します。)


越境者引き渡しの謎
 江原道鉄原郡の民間人立ち入り制限区域で韓国側から北朝鮮に入ろうとした日本人男性が韓国軍に身柄を拘束され日本大使館に引き渡された。
 このニュースを見て韓国政府があっさりとこの男を日本大使館に引き渡したことに驚いた。
 日本と違って軍事国家は立ち入り制限区域に入っただけでも重大犯罪だ。北朝鮮、中国、ロシアだったら問答無用で射殺されているだろう。韓国といえども抵抗したら射殺されたはずだから無抵抗だったのだろう。それにしても厳しい取り調べを受け日本側から引き渡し要請されてもなかなか日本に引き渡してくれないような希ガス。
 記事を見た範囲では日本側から引き渡し要請があったのではなさそうだ。
 この男性は緊張状態が続く朝鮮半島の現状に抗議し平和を訴えようと思ったと話したというがこんな韓国政府の神経を逆なでする発言をしたら長期間拘留されて手厳しい取り調べを受けるのではなかろうか。
 男は精神疾患があるように見えたと報じられているがあっさりと引き渡されたということは重度の精神疾患なのかしらん?
コメント (メインブログに移動します。)


囲碁がアジア大会に登場
囲碁がアジア大会新競技に 2009/03/12 10:50
 来年11月に中国・広州で開催されるアジア地域のスポーツの祭典、第16回アジア大会で「囲碁」が新競技として採用されることが11日、わかった。統括するアジア・オリンピック評議会(OCA)の魏紀中・競技委員長(中国)によると、前回06年ドーハ・アジア大会から採用されたチェスとともに頭脳競技として実施、男女2種目を行う。
 頭脳のスポーツとして世界に普及しつつある囲碁がついにアジア大会の種目として加わることになった。
 急速に囲碁の強さを増している中国が金メダルを増やそうということで囲碁を取り入れたに違いない。
 プロの参加を認めるということは金メダル狙いの意図がミエミエだ。
 かつては独走状態だった我が国だが今や中国・韓国に大きく水をあけられている。我が国はメダルが期待できそうもないのが悲しい。
 しかし囲碁がアジア大会の種目に加わることは囲碁普及の観点からは素晴らしいことだ。
 囲碁は世界ではめざましく普及しつつあるが我が国では衰退をたどっている。
 そんな我が国でもヒカルの碁が登場したときは囲碁に脚光が浴びて若年層の囲碁が浸透した。
 アジア大会の種目になることで我が国でも囲碁に脚光が浴びることが期待される。
コメント (メインブログに移動します。)


清朝ブロンズ像の落札妨害
 清朝時代の遺構「円明園」から中国政府が英仏連合軍に「略奪されたもの」として返還を要求していた故サンローラン氏所有のネズミとウサギの頭部ブロンズ像は競売にかけられ約40億円で落札された。
 この競売には中国政府は抗議していたようだが故サンローラン氏が略奪品とは知らずに購入したものなら所有権は故サンローラン氏にあるのだから変換の義務はないし競売にするのは故サンローラン氏の権利なはずだ。中国政府がとやかく言う筋合いではない。
 しかし落札者は中国政府から圧力を受けないのだろうかと思っていたら落札されたブロンズ像の支払いを落札者が拒否した。
 やはり中国政府から圧力をかけられて落札を断念したのだと思ったら落札者は中国人だという。
 初めから中国政府の命を受けた落札妨害らしい。
 いかにも中国政府がやりそうなことだ。
 清朝の競売は慎重にしなければいけないという教訓であった。
コメント (メインブログに移動します。)


誤解を生みやすい見出し
豊橋署巡査長、男子中学生に威嚇発砲…拳銃奪われかけて 2日午前2時30分ごろ、愛知県豊橋市飯村北の山中川の岸辺で、同市内の男子中学2年生(14)に職務質問した豊橋署の男性巡査長(26)が抵抗した中学生ともみ合いになり、川面に向かって拳銃2発を威嚇発砲。

 中学生を公務執行妨害と傷害の容疑で現行犯逮捕した。

 巡査長は肩や腹部に打撲などの軽傷。中学生にけがはなかった。中学生が激しく抵抗、拳銃を奪われそうになったため、発砲したという。

 同署の発表によると、巡査長は同日未明、別の警察官とパトカーでパトロール中、同市中岩田付近で、2人乗りの原付きバイク2台を発見し追跡したところ、1台が転倒、巡査長らは手分けして2人を追跡した。このうち男子中学生を追跡した巡査長が職務質問したところ、顔や腹に殴るけるなどの暴行を受けてもみ合いになり、一緒に川に転げ落ちた。男子中学生は、さらに抵抗して拳銃を奪おうとしたため、巡査長は「撃つぞ」と警告した上で男子中学生と対面方向で発砲、弾は男子中学生から数メートル離れた水面に着弾したという。
 昨夕各TV局のニュースに『警官、中学生に拳銃を威嚇発砲』という見出しが躍った。
 見出しだけ見るといかにも警官が不当に威嚇射撃したように感じられる。
 ご丁寧にも凶器を持っていない中学生とまで表現するTV局もある。
 ニュースの内容を聞くと中学生が警官に襲いかかり暴行を加え拳銃を略奪しようとした結果ではないか。
 もし威嚇射撃をしないで中学生に拳銃を奪われ持ち去られたらマスゴミは警官の態度をどう評価するのだろう。
 豊橋署の警務課長は「拳銃使用については、現時点で、適正な使用と判断している」とコメントしているがこのようなコメントが必要とする日本社会が情けない。
 また中学生に威嚇発砲とするマスゴミの見出しも不愉快だ。
 見出しだけ見て内容を想像する人は少なくないはずだ。
 「職質を受けた中学生が警官を襲う」という見出しにすべきだろう。
 警察の不祥事が多いことは間違いないが警察を悪者にしたがる風潮が治安を悪化させている一因となっていると思う。
コメント (メインブログに移動します。)


甘えの体質
【大相撲大麻事件】「処分甘い」「失望した」 協会に批判続出 2009/02/02 23:20
 大麻取締法違反(所持)で現行犯逮捕された大相撲尾車部屋の十両力士、若麒麟(きりん)真一容疑者(25)に日本相撲協会が下した処分は「解雇」だった。除名処分と異なり、退職金に当たる養老金が支払われる可能性もある処分。識者からは「もっと厳しい処分を」と厳しい声が上がった。若麒麟容疑者はロシア人力士の大麻事件で行われた昨年の薬物検査でも“グレー”だった人物。「徹底的にウミを出せなかったのか」。変わらぬ協会の甘さに批判が相次いだ。
 大麻所持で現行犯逮捕された若麒麟を退職金が支給される解雇処分にした相撲協会に対して甘すぎるとの批判の声が高い。
 吾輩も甘すぎると思う。それよりなにより除名処分にするのは「25歳と若い。第二の人生を考えるとかわいそう」という相撲協会の発言に腹が立つ。
 甘やかしもいいところではないか。このような甘えの体質がやりたい放題の朝青龍を制御できないのだろう。
 吾輩は若麒麟の処分を除名ではなく解雇にしたのは甘すぎるが妥当だと思っている。
 前3力士の処分が解雇で除名ではなかったからだ。その後、規約を改正していないのに前3力士と異なる処分にするのはおかしいと思うからだ。
 相撲協会は解雇にした理由を前例に従ったと説明すべきでかわいそうだからとは言語道断だ。
 相撲協会は前例に従って解雇したと言うと大麻事件があったのに未だに規約を改正していない怠慢を責められると思ってかわいそうだからという理由にしたのではなかろうか。
 相撲協会は若麒麟に温情をかけたように見せて世間から温情を受けたいのだろう。
 このような甘えの体質が相撲協会を腐らせているといって過言ではあるまい。
コメント (メインブログに移動します。)


私が選ぶ今年の10大ニュース (今日のテーマ)
BlogPet 今日のテーマ 私が選ぶ今年の10大ニュース
「今年のニュースや出来事のなかで印象深かった影響が大きかったと思うニュースを10個紹介してみてください。」
 吾輩の独断と偏見で並べてみよう。
  1. 政権交代茶番劇
  2. 金融恐慌の到来リストラの嵐
  3. 原油価格の暴騰
  4. 有毒物質混入食品事件の多発
  5. 通り魔の多発(荒川沖連続殺傷事件、秋葉原連続殺傷事件)
  6. 元厚生次官連続殺傷事件
  7. 硫化水素自殺の多発
  8. 四川省大地震に日本救援隊派遣
  9. 田母神論文事件
  10. 洞爺湖サミット開催
  11. 蒟蒻畑生産中止
 国内ニュースだけでも結構あるなぁ。
コメント (メインブログに移動します。)


北朝鮮のジャブ
 北朝鮮はエネルギー支援を拒否している日本を6カ国協議参加国として認めないと発表した。「日本が6カ国協議の場に現れたとしても相手にしない」という表現だから米・中・露の反応を見たジャブのようなものだろう。
 これらの国の反応次第では「日本が6カ国協議に参加するのなら北朝鮮は6カ国協議に出席しない」とか「日本が6カ国協議に参加するなら核施設の運転を再開する」など言い出すに違いない。
 ブッシュ政権は日本に割り当てられたエネルギー支援をオーストラリアなど他の国に肩代わりさせることを模索している。
 北朝鮮は日本を6カ国協議参加国から外し肩代わりした国を6カ国協議参加国にせよと言い出しかねない。
 オバマ政権は北朝鮮に対してどのような態度を示すだろう。
 オバマ政権も北朝鮮の脅しに屈して北朝鮮の言いなりになるようなら我が国も日本に割り当てられたエネルギー支援を他国に肩代わりさせたり日本を6カ国協議参加国から外すようなことをしたら
  • インド洋の給油活動をやめる
  • アフガン支援をやめる
  • 国際資金への拠出をやめる
などの脅しをかけるべきだろう。
 しかし今の日本政府にはできるだろうか。
 世界は北朝鮮の思惑通りに流れそうで悲しい。
コメント (メインブログに移動します。)


ムンバイテロ国際紛争になるか
 日本人にも死傷者をもたらしたムンバイのテロは未だに収まっていない。
 インドのマンモハン・シン首相は外国勢力によるテロだとパキスタンを非難している。
 パキスタンの国防省はテロの関与を否定している。
 テロ軍団とインド軍との戦闘が長引くとインドとパキスタンとの国際紛争に発展する心配が濃厚だ。
 インド・パキスタンで戦争が勃発したら米・中・露はどのように関与するのだろう。
 国際紛争が拡大すると巻き添えを食らって我が国は大けがをすることになりそうで心配だ。

クーデター前夜
2008年11月7日 18時18分
論文応募の自衛官は94人に 新空幕長、16人増と説明
共同通信
 田母神俊雄前航空幕僚長が歴史認識に関する政府見解否定の論文を発表した問題で、同じ懸賞論文に応募した航空自衛官は当初発表より16人増え、計94人に上ることを、新たに就任した外薗健一朗空幕長が7日、記者会見で明らかにした。田母神氏の論文について外薗空幕長は「政府見解と異なる意見で国民の信頼を揺るがしたことを真摯に反省し、心よりおわびしたい」と謝罪。歴史認識については「政府見解と同じだ」と述べた。
 田母神氏と同様な懸賞論文を応募した自衛官は94人にのぼるという。
 恐ろしいことだ。
 論文の内容が間違っているから恐ろしいのではない。
 吾輩は田母神論文の内容には90%の賛意を持っている。
 田母神氏が自衛隊を辞職してからこの論文を発表してくれたらよくやったと大きな拍手を惜しまない。
 また田母神氏一人だけが首をかけて論文を発表し責を取って懲戒免職されるのなら人柱として感謝しよう。
 しかし100人近くの自衛官が自衛隊の規律に違反して無断応募するのは由々しき問題だ。
 自衛隊は軍隊で自衛官は軍人だ。
 軍人が軍規に従わなかったら軍隊は暴走することになろう。
 政府の方針が間違っていたとしても軍隊は政府の方針に従わなければならない。
 政府の方針が間違っているから政府の方針に反した行動をとるというのはクーデターだ。
 自衛隊から機密情報が漏洩したり自衛隊員が論文に応募したりすることがあるということはシビリアンコントロールができていないことを物語る。
 しかも今の政府は国益をおろそかにして中韓のご機嫌取りに必死になっている。
 このような現状ではクーデターを起こしたくもなろう。
 折しも対馬が韓国に侵略されそうな状況になっている。対馬が韓国に侵略されることになったら国を守るため政府の命令を待たず対馬防衛に参加する自衛官が大勢出るのではないかと予想される。
 いまの日本はクーデター前夜に感じられてならない。
コメント (メインブログに移動します。)


心ない記者質問
 昨日PM5:00からの高橋尚子引退会見をテレビで見た。
 Qちゃんらしい爽やかで感動的な引退発表だった。
 Qちゃんの勇姿を見られなくなるのは残念だがマラソンランナーにとって脚は命だ。
 脚の手術をしてから走れるまでのリハビリはどれだけ苦労をしたことだろう。
 ベストコンディションでさえ優勝を目指すのは過酷な練習が必要だ。脚に故障が残るからだで優勝を賭けたマラソンを望むのは拷問といえよう。
 Qちゃん、お疲れ様でした。我々に楽しい夢を見させてくれてありがとう。新しい道での活躍を心から期待します。
 感動の記者会見で記者の質問も概ね好意的だったがフリーの○○記者の質問にはらわたが煮えくりかえった。
 あなたは完全燃焼と言われたが私が思う完全燃焼とはイメージが違う。完全燃焼したと思いたいのではありませんか。
 ふざけるなテレビの前で叫んでしまった。
 百歩譲ってその通りだったとしてもそんなことを追求して何になる。数々の成果を収めて引退する英雄の心に傷を加えるだけではないか。
 この記者の狙いはなんなんだろう。
 上から目線で相手の心を傷つける発言をして激昂させ失言を誘って高橋尚子は○○と言ったとセンセーショナルな記事を作るつもりなのだろうか。スクープ記者の常套手段なのかもしれない。
 単細胞の吾輩だとこのような質問をされるとカーーーっと頭に血が上って暴言を吐き記者の思うつぼにはまってしまう。
 しかしQちゃんは偉い。この無礼な質問に淡々と答えことなきを得た。
 ますますQちゃんを尊敬してしまった。
 きっとQちゃんは新しい道をしっかりした足取りで進んで行くだろう。頑張れQちゃん。
お疲れさま!Qちゃん 最強女子ランナー・高橋尚子の足跡 10/28 17:14
iza:イザ!
 シドニー五輪、アジア大会をはじめとする国際大会を制し、女子マラソンに一時代を築いた高橋尚子選手が28日、引退を表明した。圧倒的な強さと、「Qちゃん」と呼ばれた親しみやすさは、数々の名場面とともに多くの人に感動と勇気を与えた。
陸上人生に悔いなし 引退会見 笑顔のち涙 高橋尚子(36)女子マラソン選手 01:38
 「完全燃焼することができました。限界まで挑戦できた意味では、陸上人生に悔いはありません」。

 一時代を築いた女子マラソンの第一人者は、最後まで笑顔をみせようとした。2000年シドニー五輪女子マラソンで、日本女子陸上初の金メダルを獲得した高橋尚子選手(36)=ファイテン=が28日、東京都千代田区のグランドプリンスホテル赤坂で記者会見し、現役引退を表明した。「Qちゃん」と親しまれ、国民栄誉賞を受賞した人気者も競技生活から退く時がきた。
コメント (メインブログに移動します。)


北朝鮮の一人勝ち
 北朝鮮はアメリカからテロ支援国家指定の解除を勝ち取った。
 北朝鮮の脅しに屈した感じだ。
 6カ国協議は北朝鮮の一人勝ちになってしまったではないか。
 折しも金正日が軍事基地を視察する写真を北朝鮮の国営朝鮮中央テレビは放映した。
 このタイミングの良さはなんなんだ。
 北朝鮮が核施設の検証作業に応じると確約したとのことだが狡猾な北朝鮮がまともに実行するとは考えられない。
 アメリカは解除は暫定的な措置で北朝鮮が検証に応じなければ再指定するとしているがいったん解除したものが簡単に再指定できるとは思えない。
 北朝鮮は6カ国協議で日本が経済制裁を中止しない限り検証に応じられないと言い出しかねない。
 こうなると中国やロシアは北朝鮮の核問題が解決しないのは日本のせいだと日本に圧力をかけてくるおそれがある。
 アメリカはどこまで日本の立場を援護してくれるだろうか。
 北朝鮮による拉致問題はどうなってしまうんだろう。
コメント (メインブログに移動します。)


下村氏ノーベル化学賞受賞
2008年10月8日 22時02分
<ノーベル化学賞>下村氏、研究一筋半世紀 自宅にも実験室
 日本人研究者の頭脳が、2日連続で世界に認められた。ノーベル物理学賞の3氏に続き8日、緑色蛍光たんぱく質(GFP)を発見した元ウッズホール海洋生物学研究所上席研究員、下村脩さん(80)の化学賞受賞が決まった。日本人の化学賞受賞は、故福井謙一博士、田中耕一さん(49)らに次いで5人目。02年の田中さんと小柴昌俊・東大特別栄誉教授(82)に続き、今年も物理学賞と化学賞のダブル受賞となる。受賞経験者からは祝福の声が寄せられ、知人らも地道な研究がもたらした偉業を喜んだ。
 日本の研究者3名がノーベル賞を受賞した吉報に加え、またまた日本の研究者がノーベル賞を受賞した。\(^o^)/
 これらの朗報に刺激されて研究者に憧れ研究者を目指す子どもたちが増えるといいんだけどなぁ。
 喜んでばかりいられない。
 受賞した日本人は日本在住者ばかりではない。
 外国の研究機関で活躍されている研究者もいる。
 これは頭脳の海外流出ではなかろうか。
 日本国内では頭脳を発揮することができる環境が整っていないのではなかろうか。
 世界に誇れる優秀な頭脳が国内で活躍できるように研究施設を整備して欲しい願うのは高望みだろうか。
コメント (メインブログに移動します。)


小林、益川、南部氏にノーベル物理学賞
 小林、益川、南部氏がノーベル物理学賞を受賞した。
 我が国は学力低下が叫ばれているがトップレベルの層はまだ厚いようだ。
 学力向上をはかる政策も大切だが優秀な人材が日本に見切りをつけて海外に流出してしまわないようにする政策はもっと重要だ。
 経費節減は大事だが研究費をけケチりすぎると研究者達が流出してしまう可能性が高い。
 無駄遣いは厳禁だが必要な研究費は惜しみなく出す。言うは易く行うは難しだが国はこのようことが実行できる体制作りをして欲しい。
コメント (メインブログに移動します。)


金正日の生死は如何
 金正日が金日成総合大学の創立62周年で学生によるサッカーの試合を観戦したと北朝鮮の新聞が報道した。
 唐突に金正日が元気であることを誇示する報道をしたのはなんでだろう。
 北朝鮮は核施設稼働の再開を宣言したりミサイル発射準備したりポスト金正日の後継者争いに加担する軍部の示威活動が目立っている昨今だ。
 暗躍する勢力が担ぎ出そうとしているポスト金正日の対抗馬の動きを封じるために金正日が元気だということを報道させたのではなかろうか。
 この報道は金正日がすでに死亡していることを暗示しているように感じられてならない。
 今後の北朝鮮の動向はますます過激になるのでないかと心配だ。
コメント (メインブログに移動します。)


北朝鮮ミサイル発射準備
 北朝鮮は長距離ミサイルの発射実験を準備しているらしい。
 発射実験だけですむだろうか。
 北朝鮮の核施設再開に米・中・露いずれかの国の陰謀があったとすれば核弾頭を積ませ発射させる希ガス。
 もし米国の陰謀だとすれば米軍基地のある場所に核ミサイルを着弾させる可能性がある。
 さすれば北朝鮮への報復攻撃に米国世論が統一され北朝鮮を滅亡させることができ朝鮮半島は共産圏に対する防波堤になろう。
 米国にとってはめでたしめでたしかもしれないが核ミサイルを着弾させられたところはたまったものではない。
 我が輩の心配が被害妄想であって欲しい。
コメント (メインブログに移動します。)


北朝鮮に中国の影
 北朝鮮は寧辺原子炉の再開作業に着手したことを宣言した。
 これを皮切りに核施設建設の再開を始めるに違いない。
 北朝鮮の国営放送はアメリカがテロ支援国家指定を解除しなくてもかまわないと強気の放送をしている。
 なにが北朝鮮を強気にさせているのだろう。
 吾輩には中国の影が感じられてならない。
 中国は企業秘密を中国政府に公開しなければ中国での生産や販売を禁止する法律を制定した。
 中国はナチスのように世界制覇を狙っているのではなかろうか。
 核施設をもった北朝鮮を傘下に収めればたやすく韓国を呑み込めるだろうと読んでいるに違いない。
 北朝鮮は金正日亡き後の後継者争いが始まっている。
 中国にとって北朝鮮を牛耳る絶好のチャンスだろう。
 ポスト金正日の権力者は軍部の支持が絶対に必要だ。
 中国は軍部さえ手懐ければ次期北朝鮮政権を中国の傀儡政権にできると踏んでいるのではなかろうか。
 北朝鮮の核施設再開は中国との蜜月旅行の始まりに感じられてならない。
コメント (メインブログに移動します。)




カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

最近の記事

リンク

ブログ コミュニティ




月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ検索

RSSリンクの表示



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。